주요 기사 바로가기

韓国、小中高のオンライン授業初日、通信障害などの混乱が現実に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.09 16:59
0
小中高校のオンライン授業が始まった9日、「EBS(韓国教育放送公社)オンラインクラス」が一時アクセスできなくなるなど懸念していた混乱が現実になり、通信会社が非常事態に陥った。EBSオンラインクラスは同日午前10時30分頃、「現在、利用者の増加により小学校、中学校のオンラインクラスへのアクセスが遅延している」とし「しばらくしてから改めて利用してほしい」というお知らせを掲載した。EBSと業界は「通信ネットワークの問題ではなく、内部システムのエラー」と説明したが、6日と7日にも接続遅延や教材が消える事故が発生し、生徒と保護者の不満を買った。

オンライン授業の開始と同時にサイトへの接続遅延、通信障害などが発生し、移動通信会社など関連業界もサーバーを増やすなどの対策に腐心した。全国の小中高校生は約600万人で、この人数が同時にインターネットに接続すれば短い時間にトラフィックが集中するボトルネックが発生することになる。また、全国単位で継続的にトラフィックが発生するため、サーバーに過負荷を引き起こす可能性がある。

特に小中高校は教師がEBSのコンテンツを利用して講義ができるように支援する学習管理システム「EBSオンラインクラス」に同時にアクセスするため、サーバーに負荷がかかるほかない。これにより、教育部は「EBSオンラインクラスに300万人が同時にアクセスできるようにサーバーを増設した」と明らかにした。

通信会社もオンライン講義が円滑に行われるように有線・無線インターネットのトラフィック状況をリアルタイムで監視しながら神経を尖らせている。通信業界の関係者は「小中高校生がアクセスする『e学習広場』はネイバークラウドを介して運営され、通信会社3社のインターネットデータセンター(IDC)を分割して利用している」とし「移動通信事業者が別途トラフィック管理を併行している」と述べた。

SKブロードバンドは現在、インフラ管制センターの総合状況室と全国6カ所の運用状況室でトラフィック増減の推移をリアルタイムで監視し、分析している。SKブロードバンドは「トラフィックの増加量を予測して無線収容容量を増やし、有線トラフィックのボトルネック区間の容量を増設した」と明らかにした。特にEBSのコンテンツ配送のためのネットワーク(CDN)を供給するSKブロードバンドはEBSへの同時接続の増加に伴うトラフィックに備えるためにCDN収容容量を従来の1テラバイトから2テラバイトに緊急増設した。

KTも果川(クァチョン)ネットワーク管制センターの総合状況室と全国6カ所の地域状況室のトラフィック変動にリアルタイムで対応している。KTは「モバイル・テレビ・インターネットなどオンライン講義の様々な視聴環境を考慮し、有線・無線トラフィックの主要区間のリアルタイム監視を強化し、トラフィック増加量予測を介してメイン区間の収容能力を増やしている」と述べた。LGユープラスも麻谷洞(マゴクドン)の社屋にオンライン授業開始関連の緊急状況室を構築し、教育データトラフィックをリアルタイムで監視している。

通信会社はこの日から5月末までEBS教育サイトにアクセスする一般学生、保護者、教師などを対象に、データ使用料を徴収しない。ただし、EBSのサイトで利用する場合のみ適用され、ユーチューブチャンネル、ネイバーテレビなどを介して利用する場合は除外される。また、通信会社3社のインターネットテレビ(IPTV)でもEBSの教育コンテンツを料金の負担なくリアルタイムで視聴できる。

一方、韓国科学技術情報通信部はEBS・KERIS(韓国教育学術情報院)、通信会社3社、クラウドサービス企業などと合同で専門チーム(TF)を構成して学習管理システムの運営に必要なネットワークとインフラ増設状況を点検している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP