주요 기사 바로가기

【コラム】コロナ事態であぶり出された西側先進国の素顔(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.09 14:20
0
米国が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の最大感染国になった。8日現在、米国の感染者数は約40万人で、世界感染者の3人に1人が米国人だ。死亡者は1万2000人を超えてイタリアとスペインに続き3番目に多い。欧州の国々の事情も違わない。ここ数日、拡散の勢いはやや鈍化する兆しを見せているというが、実状はそうではない。昨日一日、フランスでは感染者が1万1000人増えた。スペインとイタリア、ドイツ、英国も少なくて3000人、多くて5000人台の増加を示した。死亡者が最も多い10カ国中8カ国、感染者が最も多い10カ国中7カ国がいわゆる「西側先進国」だ。

◆マスク・保護服なく死闘続ける医療スタッフ

今、米国と欧州の状況は先進国の姿だとは信じ難いほどだ。医療スタッフはマスクや保護服の供給を十分受けることができず、命がけで患者の世話をしている。マスク一つで一週間を持ちこたえ、人工呼吸器一つを重症患者数人が分け合って使っているところもある。ニューヨーク州の葬儀施設の受け入れ能力はすでに飽和状態だ。冷凍トラック80台を動員しても足りず、公園内に臨時の仮埋葬を検討している。集中治療室(ICU)の病床が足りず、助ける患者を選別しなければならない医者は倫理的ジレンマを訴えている。

米国は防疫物資と医療装備の調達のために戦時に適用する国防生産法まで発動したが、連邦政府や州政府、民間と政府間の足並みの乱れで生産スピードを上げることができていない。先進国同士、恥も外聞もかなぐり捨てて防疫物資争奪戦まで繰り広げている。新型コロナの世界的大流行(パンデミック)で現れた西側先進国の素顔だ。

米国と欧州の残念な姿は安易な初期対応に起因する。新型コロナの実状をはっきりと知らせず、事態の縮小に汲々とした中国や世界保健機関(WHO)の責任ももちろんあるが、それよりは西側先進国のリーダーシップとシステムの失敗のためが大きい。その根底には中国やアジアに対する偏見が根底にある。文化的優越意識から始まったオリエンタリズムでもある。コロナウイルスが伝播する人獣共通感染病は、中国や東南アジアのように「奇異な」食文化を楽み、衛生観念が徹底できないところから発生する疫病だから、西側先進国とは無関係だという偏見と傲慢が最初からあった。中国からの入国者さえ遮断すれば何事もなく過ぎ去るだろうと油断した理由だ。今、米国と欧州国は誤った判断の大きなツケを払わされている。

◆東洋に対する傲慢と偏見が根本原因

中国が自分たちのやり方でコロナと死闘を繰り広げている間、他の国々に時間稼ぎをさせた側面は否定しがたい。その時間に、米国と欧州の国々が万一の状況に備えていれば、今のような残酷な事態は避けることができたかもしれない。診断キットの開発や選別診療所の設置、感染源の追跡や隔離など、防疫と検疫体系を点検して、必要な医療装備と物資を確保することができるゴールデンタイムを無駄に逃してしまった。一歩遅れて何もできない状況になると、他人のせいにして統制や封鎖、集団免疫の間で一進一退して被害を雪だるま式に大きくした。

公衆保健と公共医療システムは先進国の重要な条件だ。今回の事態は西側先進国の保健・医療システムの不十分さと脆弱性を克明に見せつけた。財政危機を体験した欧州国は緊縮財政を理由に、米国は米国で「小さな政府」を理由に関連予算を削減し続けてきた。予算不足を打開するために米国と欧州の公共医療機関は防疫と医療に必要な用品と装備を最小限に維持し、必要な時ごとにグローバル分業体系を通じて調達する「ジャストインタイム(just-in-time)」方式で対処してきた。消火器や消防車を持たずに消防署を運営してきたようなものだ。コロナ事態で中国が世界の工場の役割を止めると、西側先進国医療システムも同時に止まった。 【コラム】コロナ事態であぶり出された西側先進国の素顔(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP