주요 기사 바로가기

ニューヨークで死亡者数が再び最多に…怒ったトランプ氏「WHOの資金支援を再検討」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.08 11:37
0
米国で新型コロナウイルス(新型肺炎)による死亡者が7日(現地時間)一日に1858人が増えて従来の最多記録より500人以上発生した。最大発生地とされるニューヨークの一日死亡者も再び高騰し始めた。ドナルド・トランプ大統領はこの日「世界保健機関(WHO)が中国中心的な態度で何もしなかった」として「資金支援を再検討する」と明らかにした。

トランプ大統領はこの日、ブリーフィングで「WHOは莫大な金額の米国の金を受け取り、米国がほとんどの資金を出しているのに中国人の旅行を禁止した私の措置を事実上批判して反対した」として「彼らは多くの過ちを犯した」とした。同時に「彼らは初期に多くの情報を持っていたが、何もしなかった。とても中国中心的な態度を見せた」として「5000万ドル(約54憶円)以上を支援するWHOを調査するだろう」とした。

米国で累積死亡者が1万2000人を超えて被害が頂点に達している中、中国人の旅行禁止に反対したWHOに対応失敗の責任を問うということだ。

トランプ大統領はツイッターにも「WHOが台無しにした」として「ほとんど米国の支援を受けるが、どのような理由でか非常に中国中心的」とつぶやいた。また、「われわれはこれについて調べるだろう」と話した。「私は幸いにも中国に米国国境を早く開放するように求める彼らの助言を拒否した」として「なぜ彼らがそんなに誤った勧告をしたのか」とも書いた。

ウォール・ストリート・ジャーナルがこれに先立って社説で「WHOのテドロス事務局長がコロナ事態の根源」としながら「3月11日までパンデミックを宣言せず事態を拡大させた」と批判した。新聞は「ドナルド・トランプ大統領がテドロス事務局長の話を無視して中国旅行を禁止したのはよくできたこと」とほめた。

ジョンズ・ホプキンズ医科大学によると、この日午後9時現在、累積感染者は39万8185人、死亡者は1万2844人となっている。一日新規死亡者が1858人増えて4日には1344人という最多記録を3日で大きく更新した。5~6日には1100人台に下がったが、急増傾向に変わったわけだ。

ニューヨーク州も一日死亡者が731人で4日630人の記録を更新した。5日594人→6日599人で滑らかな曲線が再び上昇しているわけだ。イリノイ州・ルイジアナ州もこの日、それぞれ73人、70人の新規死亡者が発生して一日最多となった。

アンドリュー・クオモ・ニューヨーク州知事は新規死亡者が増えたことについて「死亡率は後行する指標(lagging indicator)」として「入院感染者の割合は落ちたため、ウイルスの拡大傾向は落ち着いている」とした。米国全体の一日感染者も4日3万3300人で、5日2万8200人に落ちた後、6日と7日には2万9600人を維持している。

疾病対策予防センター(CDC)のロバート・レッドフィールド局長もこの日、メディアインタビューで「ホワイトハウスの『10万人~24万人』の死亡予測は米国民の『社会的距離の確保』運動への参加率を50%だと想定したもの」とし「現在90%以上が参加しているので死亡者数をこれよりはるかに減らすことができる」と話した。彼はホワイトハウスの予測モデルは多くの機関の予測を混合したものだったとすれば、ワシントン州立大学保健指標評価研究所(IHME)は実際にこれより少ないと判断していると紹介した。

IHMEは一日死亡者が4月16日3130人の頂点に達した後、減少し始めて累積死亡者が8万1766人に達すると予想した。

アレルギー・感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長はこの日、ブリーフィングで「少数人種、アフリカ系米国人に不均衡的に被害が与えられていることに大きく懸念しており悲しい」として「糖尿・高血圧・肥満など基礎疾患と劣悪な健康が影響を及ぼした可能性がある」と警告した。ルイジアナ州・イリノイ州などの地域で死亡者の70%以上が黒人になっているからだ。トランプ大統領もそばで「黒人の被害が唖然とする数字」として次に具体的な数値を公開してほしいと述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ニューヨークで死亡者数が再び最多に…怒ったトランプ氏「WHOの資金支援を再検討」

    2020.04.08 11:37
    뉴스 메뉴 보기
    ドナルド・トランプ大統領
    TOP