주요 기사 바로가기

テスラ、新型コロナ事態で自主制作の人工呼吸器公開…「病院に無償提供」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.06 15:44
0
米国の自動車メーカーテスラが独自開発した人工呼吸器のサンプルを公開した。

テスラ所属のエンジニアが5日(現地時間)、自社のユーチューブチャンネルで独自に開発した人工呼吸器を紹介した。

テスラの最高経営責任者(CEO)イーロン・マスク氏が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の防疫に必要な医療品の生産に取り組むと述べてから2週間後になる。

エンジニアは映像で人工呼吸器を実演し、「テスラの自動車部品の在庫を呼吸器の部品に用いたおかげで迅速な製作が可能だった」と述べた。

マスク氏は先月31日、配送可能な地域の病院に食品医薬品局(FDA)認可の人工呼吸器を無償で提供すると発表した。

人工呼吸器の生産のためにニューヨーク工場も再稼働させた。

英紙フィナンシャル・タイムズによると、マスク氏がニューヨーク市内の複数の病院に寄付した人工呼吸器は集中治療室用ではなく睡眠障害の治療に主に使用される二相式気道陽圧ユニットだ。

最近、食品医薬品局(FDA)は病院で医療機器が不足しているため、二相式気道陽圧ユニットの代替機器として承認したとフィナンシャル・タイムズは伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP