주요 기사 바로가기

「キムチの汁を飲む」「交渉は絶対に終わっていない」…頑強な米国、「暫定妥結」を拒否

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.03 11:02
0
ロバート・エイブラムス在韓米軍司令官の「キムチの汁を飲む」というツイッターで論議を呼んだことに続き、クラーク・クーパー米国務次官補が2日(現地時間)、「交渉は絶対に終わっていない」と話した。4月1日に始まった在韓米軍韓国人勤労者の無給休職事態を防ぐために韓国政府が「暫定妥結」を押しつけたが、米国の頑強な立場によって失敗に終わったわけだ。この過程でマイク・ポンペオ国務長官とマーク・エスパー国防長官は終盤までドナルド・トランプ大統領を説得したが失敗したと伝えられた。

韓米防衛費分担金(SMA)の交渉を主管する国務省軍政国のクーパー次官補はこの日午後、テレビ会議のブリーフィングを通じて「ソウルとワシントン間の交渉は進行中」であり「このようにテレビ会議で行っている」とした。同時に「会談は続いており、絶対に終わっていないという点を断言できる」と付け加えた。

彼は交渉がどの段階にあるかに関し「4月初めという時点に焦点が当てられたが、会談は条件に基盤を置いたもの」とし「同盟を強化して相互利益になり、実現した合意は公平でなければならないということ」と強調した。

また「米国は依然として軍政国の同僚(ジェームズ・デハート米側交渉代表)だけでなく、長官級以上で疎通している」とし「しかし、重要なのは両国に相互利益で公平な合意を見出すこと」と繰り返し話した。これに先立ち、米行政府高官が1日、中央日報に韓国の青瓦台(チョンワデ、大統領府)高位関係者などが精魂を込めてきたSMAの合意発表が失敗に終わったことについて「交渉は続いている」とし「相互利益になって公平な合意のために引き続き協議するだろう」としたことがある。

彼はトランプ大統領が承認したのではないかという質問にも回答を避けて「大統領は同盟韓国がさらに寄与でき、寄与しなければならないという期待を明らかにした」と話した。

クラーク次官補は一歩踏み込んで在韓米軍勤労者の無給休職事態を早期解決に向けた「4月初め暫定妥結」より「公平な合意」がさらに重要だと明らかにしたわけだ。

それに先立ち、ロバート・エイブラムス在韓米軍司令官は韓国時間2日夜、ツイッターに「私はきょう孵化する前に鶏を数えるなというのが時が来るまでキムチの汁を飲むなということと同じ意味だということを学んだ」として「キムチの汁を飲む(捕らぬ狸の皮算用)」という韓国語表現の意味を解釈した単語帳を掲載した。このため、韓国政府の早期妥結への期待はキムチの汁を飲むようなことだと嘲弄したという「非礼」の論議を呼んだ。

ホワイトハウスに続き、在韓米軍司令官と国務省当局者までSMAの暫定妥結案の拒否の立場を明らかにしてSMA交渉は総額から再び議論する公算が大きかった。だが、米国内でもポンペオ国務長官とマーク・エスパー国防長官が在韓米軍勤労者の無給休職を防ぐためにトランプ大統領を終盤まで説得した情況も公開された。

NBC放送は「ポンペオ長官とエスパー長官が数千人の韓国人勤労者の無給休職を防ぐための最後の努力として先月31日午前ホワイトハウスに向かった」と報じた。二人の国防総省官僚を引用して「韓米が無給休職を延期できるように『暫定合意案』を作るために力を注いだ」とも伝えた。これに先立ち、チョン・ウンボ韓国交渉代表、鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防長官が米国側に提案した在韓米軍雇用費の先行妥結という暫定合意をめぐりトランプ大統領を説得したが、結局は失敗したということだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「キムチの汁を飲む」「交渉は絶対に終わっていない」…頑強な米国、「暫定妥結」を拒否

    2020.04.03 11:02
    뉴스 메뉴 보기
    ドナルド・トランプ大統領
    TOP