주요 기사 바로가기

キム・ジェジュン、新型コロナのエイプリルフールジョークで炎上…「処罰してほしい」との請願も

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.01 19:21
0
「私は新型コロナウイルスに感染しました。政府から、周囲から注意を受けたすべてのことを無視したまま生活した私の不注意でした…」。

グループ東方神起・JYJ出身のキム・ジェジュンが1日、新型コロナウイルスによる肺炎にかかったとインスタグラムに投稿して物議を醸した。「ある病院に入院している」という彼の文はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じて急速に拡散した。所属事務所C-JESエンターテイメントは「現在キム・ジェジュンは日本に滞在しており、本人確認中」と明らかにしたが、キム・ジェジュンが新型肺炎にかかったという報道が相次いだ。

議論が大きくなるとキム・ジェジュンは「エイプリルフールの冗談」としながら該当の投稿を修正した。彼は「私を守ることが大切な人たちを守ることという話をしたかった。近い知人、関係者の人たちもウイルス感染者が増えている。絶対に遠い所の話ではない」として注意を促した。「エイプリルフールの冗談として相当に行き過ぎだが短い時間で多くの人たちが心配してくれた」とし、「この文がエイプリルフールのいたずらだとは思わない。警戒心を心に刻もう」という趣旨だと説明した。彼は「この文によって受けるすべての処罰を甘受する」と明らかにした。

だが世界が新型肺炎で沈滞し、感染者と死亡者が続出する状況で不適切な発言だったという批判世論は激しい。誤った情報が伝染病のように広がりかえって混乱を招く「インフォデミック(インフォメーション+パンデミック)」を防止するため今年はだれもが自重する雰囲気だったためだ。毎年エイプリルフールに仮想サービスを発表するなど大型イベントを準備してきたグーグルさえ「今年は新型コロナウイルスと戦うすべての人を尊重しエイプリルフールの伝統を1年休む」と明らかにしたほどだ。現在該当の投稿は削除されたが、キム・ジェジュンを処罰してほしいという青瓦台(チョンワデ、大統領府)国民請願まで登場している。

成均館(ソンギュングァン)大学社会学科のク・ジョンウ教授は「エイプリルフールの嘘はさまざまな人が一緒に楽しさを感じられてこそ意味があるが、今回の嘘は公人として他人に対する配慮が全くない行動」と指摘した。続けて「SNSを通じてだれもが情報を生産できる主体になったためもっと慎重でなければならない。確認されていない事実が乱舞した状況でこれを選別的に受け入れる受容者の主体性も高まらなければならないだろう」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    キム・ジェジュン、新型コロナのエイプリルフールジョークで炎上…「処罰してほしい」との請願も

    2020.04.01 19:21
    뉴스 메뉴 보기
    キム・ジェジュン
    TOP