주요 기사 바로가기

BTSの所属事務所Big Hit、昨年営業利益987億ウォン…SM・JYP・YGを合わせた数値より多い

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.01 10:26
0
防弾少年団(BTS)の所属事務所であるBig Hitエンターテインメント(以下、Big Hit)が昨年営業利益987億ウォン(約87憶円)で創社以来最高実績を記録した。

先月31日、電子公示システムに掲載されたBig Hitの2019年監査報告書によると、昨年売上額は5872億ウォン、営業利益は987億ウォンだった。前年同期に比べ売上額は95%、営業利益は24%増加した数値だ。

Big Hitはこの日、報道資料を出して「2019年はBig Hitがマルチレーベル体制の構築など企業構造の高度化を推進しながらも、爆発的な売り上げの拡大と高い成長率の維持を同時に実現した一年だった」と評価して「防弾少年団が国内アーティストでは類を見ない成果を上げ、Tomorrow x TogetherとGFRIENDの成長および練習生の強力なパイプライン確保などアーティストIPの拡張はさまざまな事業モデルと結び付けてさらに大きな成長を期待できるようにした」と明らかにした。

昨年発売したBTSのミニアルバム『MAP OF THE SOUL:PERSONA』で約372万枚の販売高を上げ、同年デビューした新人ボーイズグループTomorrow x Togetherのアルバムも販売好調を見せて計600万枚以上のアルバムを販売した。

Big Hitの昨年営業利益はSMエンター(404億ウォン)・JYPエンター(435億ウォン)・YGエンター(20億ウォン)が公示した昨年営業利益を全部合わせた数値(約859億ウォン)より多い金額だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BTSの所属事務所Big Hit、昨年営業利益987億ウォン…SM・JYP・YGを合わせた数値より多い

    2020.04.01 10:26
    뉴스 메뉴 보기
    Big Hitエンターテインメントのパン・シヒョク代表。Big Hitは昨年営業利益987億ウォンを記録した。パン代表が昨年11月、2019韓-ASEAN特別首脳会議「文化革新フォーラム」に参加して発表する姿。[写真 2019韓-ASEAN特別首脳会議]
    TOP