주요 기사 바로가기

韓国のコロナ診断キットメーカーに海外ハッキングの痕跡…韓国政府、TF構成し対策準備

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.01 08:17
0
韓国の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)診断キットメーカーに対して海外からハッキングの痕跡があったことが分かった。

31日、韓国メディア「ニュース1」によると、政府関係者は「最近、海外から我が国の一部診断キットメーカーに対するハッキングの痕跡が確認された」とし「韓国の診断キット技術に関連したハッキングが目的だったものと推定される」と明らかにした。

現在までハッキングを試みた国がどこか分かっていないが、幸い防御網を突き抜けることができなかったと伝えられた。業界内外では韓国の診断キットの優秀性を傍証する事例だという話が出ている。

しかし政府は、このようなハッキング事例が今後も繰り返される危険があり、韓国の技術と企業活動保護が必要だと判断して、国家情報院と関連部署、メーカーが参加する協議体をタスクフォース(TF)形式で構成して対策を立てていくことにした。

あるメーカー関係者は「あるメーカーに対してハッキングの痕跡があり、これを契機に政府がメーカー3~4社に対してTFへの参加を要請したと承知している」と明らかにした。

バイオ業界関係者も「一部メーカーにハッキングの痕跡があった」とし「韓国企業を保護するために協議体を構成して対策を立てていく」と話した。

一方、新型コロナの世界的な拡散により、各国が診断キットの確保に動く中で、世界の首脳は文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談を通じて診断キットの支援を要請している。

アラブ首長国連邦(UAE)は新型コロナ診断キットを要請し、韓国製品5万1000個が緊急輸出された。引き続きリトアニアやブルガリアなどの首脳も文大統領に韓国診断キットが必要だと要請してきた。文大統領は支援方案を検討すると答えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国のコロナ診断キットメーカーに海外ハッキングの痕跡…韓国政府、TF構成し対策準備

    2020.04.01 08:17
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス感染症検査診断キット
    TOP