주요 기사 바로가기

今や2021東京五輪、ロゴは「2020NE」?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.25 14:17
0
東京オリンピック(五輪)が1年先送りになり、様々な問題が発生している。その1つがロゴの変更だ。

東京五輪組織委員会は2020年に開催される東京五輪をブランディングし、「TOKYO 2020」のロゴを作って宣伝した。しかし、2021年に開催することになり、このロゴは適さなくなった。

今まではこのロゴで屋外広告を出し、各種パンフレットを製作・配布したが、今後は「TOKYO 2020」を使用したすべての広報物を差し替えなければならない状況だ。ただでさえ1年延期によるコストが6400億円台と推定されているが、ロゴの交換によるコストも相当なものと予想される。

これについて五輪マーケティングの専門家、マイケル・ペイン氏(62)は25日、自身のSNSに「『TOKYO 2020』の後ろにアルファベットのNEを付け、『TOKYO 2020NE』にして使おう」と提案した。後ろにONE(数字の1)がつき、2021を意味することになるという意味だ。ペイン氏は1983年から2004年まで国際オリンピック委員会(IOC)のマーケティング担当総責任者として活動した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    今や2021東京五輪、ロゴは「2020NE」?

    2020.03.25 14:17
    뉴스 메뉴 보기
    五輪マーケティングの専門家マイケル・ペイン氏が2021年に開かれる東京五輪のロゴを提案した。[ツイッター キャプチャー]
    TOP