주요 기사 바로가기

【コラム】力出せない金と円…パーフェクトストームで信じられるのはドルしかない(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.24 11:15
0
結局米国企業の立場ではウイルス問題が終息し正常化するまで保有する現金で耐えなければならない状況だ。手持ちの現金がなくなり短期借入に失敗すれば破産を免れることはできない。企業の破産は売り上げ債権を持つ別の企業の破産を呼び起こし、こうした連鎖破産は金融機関の貸付を制限させる悪循環をもたらす。それこそ「パーフェクトストーム」だ。なさにこうした理由で一般企業や金融機関でもすべて現金、すなわちドルを最大限確保すべき必要性ができたのだ。

一言で企業の立場では新型肺炎と生き残りに向けた時間との戦いをしている。問題は米国企業と金融機関のドル確保競争でドルが急騰し、ドル借入をした外国企業も一緒に尻に火がついたことだ。このため全世界がドル確保に血眼になりドルの価値はさらに急騰した。ドル需要の急増はドルを決済通貨にしている米国企業の立場では保有する市場性有価証券や国債、外国為替を売ってでもドルを確保するほかない。19日に韓国と米国がドル通貨スワップを結んだのは韓国の立場では本当に幸いだ。しかし冷静に話せばこれは米国が切羽詰まって主導した通貨スワップだ。ドルの価値を下落させどうにかドル確保競争を落ち着かせなくては米国企業の生き残り期間を増やせないためだ。

安全資産の不在は今回の危機の本質が何かを示唆する。売り上げの不在とこれによる企業現金の不在、これが危機の本質だ。FRBはこれに対応してゼロ金利とともに7000億ドル規模の量的緩和を発表した後、これを速やかに執行している。問題は金融危機後に強化された規制でこのように放出された流動性が企業に流れるのにはネックがあるということだ。新たに導入された金融規制は大きく資本規制と流動性規制、ここにボルカールールと「レギュレーションW」など銀行の健全性を強化する規制だ。

◇企業の心拍音薄れる

金融規制は「平時には引き締め危機には緩める」景気順行式でアプローチすべきだ。すなわち、危機に備えてバッファーを積み危機が迫ればバッファーを利用して弾力的に流動性を供給すべきだ。ところが新たに導入した規制が平時だけでなく、いまのように差し迫った状況でも作動ししたため一方ではFRBが流動性という実弾を銀行に供給し、同時に「射撃禁止」の命令を下した格好となった。最近米大手銀行バンク・オブ・アメリカが信用収縮問題を解決するため一時的な金融規制緩和を提起し、FRBもやはり肯定的に検討している。これに伴い時間が過ぎて消えていた安全資産は再び回帰する可能性が高いが、ドル需要は本質的な問題でそれほど簡単に落ち着きはしないと予想される。

結論的に今回の危機の本質は産業の一時稼働中断による企業の流動性リスクだ。韓国企業もやはり同じだ。政府は家計だけでなく「企業救出」にも総力を挙げなければならない。このため企業に対する請求権順に流動性を投じる必要性がある。短期資金市場から流動性供給をすべきで、その次に社債と貸付市場で、最後に株式市場を安定させなければならない。こうした面で解決策のキーは企画財政部よりは韓国銀行が握っている。韓国銀行はひとまず短期資金市場に流動性を投じて正常化し金融債だけでなく社債で債券買い入れ範囲を拡大する「質的緩和」まで考慮し、どのようにしてでも信用収縮を防御しなくてはならない。いま企業の心拍音はかすれてきている。時間はあまりない。 【コラム】力出せない金と円…パーフェクトストームで信じられるのはドルしかない(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP