주요 기사 바로가기

【社説】今のように門戸を開いておけば「コロナ難民」に対応できなくなる=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.24 11:11
0
新型肺炎ウイルスの海外流入と地域社会の拡散遮断が防疫の基本だと感染病専門家らはひたすら口をそろえる。2つの戦争で全部勝ち抜くべきだということだ。政府も一歩遅れて22日から欧州発入国者の診断検査を義務付け、韓国では15日間社会的距離を置く措置を取った。新型肺炎が初めて始まった中国は足元の火は消したものの、今の欧州の状況は手のほどこしようもない状況だ。韓国の立場でも欧州発流入遮断が新しい課題だ。欧州発一日入国者は約1000人で約20%が外国人だが、症状のある入国者の5%が感染者だ。

問題は海外流入の遮断にともなうコストに莫大な税金が支出されるという点だ。陽性であれ陰性であれ、すべての外国人の検査費で15万ウォン(約1万3000円)が支援される。陽性判定者には2週間400万ウォン以上の治療費がかかる。診断結果が出るまで臨時生活施設の宿泊費は毎日6万5000ウォンずつ支給される。陰性でも90日以上の長期滞留者は自宅隔離される2週間の生活支援費21万2300ウォンを支援する。新型肺炎感染者はすでに193カ国で30万人をはるかに超え、世界の所々でまん延している。生死の分かれ道に立たされた外国人の目に医療インフラが世界最高水準で診断・治療費に生活費まで無料で支援する韓国は「コロナ避難所」とされるだろう。医療条件が劣悪な国であるほど韓国を避難先に感じて難民が一斉に集まる可能性もある。韓国政府の初期対応の失敗でわが国民は170カ国によって入国を制限される侮辱を受けているが、政府は外国人に事実上門戸を開いているからだ。

外国人が押し寄せる可能性をはっきりと認識し、莫大なコスト支出を処理する対策が政府にあるのか確かめる必要がある。人権を前面に出して国際社会に気前を見せるといっても財政事情からきめ細かく確認することが求められる。実際、外国人流入遮断政策がこのように複雑化した背景には「親中」とのレッテルが貼られた政府が事態初期に中国発流入をきちんと遮断しなかったせいだ。流入遮断の失敗で事態を拡大した責任を隠そうとして足並みが乱れているわけだ。

新型肺炎の域外流入が増えることで目には見えない社会経済的コストも増えている。地域社会の集団感染事例が続出し、もはや首都圏も病床と医療人材が不足している。このような状況で押し寄せる外国人が医療資源を蚕食すれば結果的にわが国民が被害を受けかねない。慶北慶山(キョンブク・キョンサン)に住む17歳の青少年が新型肺炎のために適時に治療を受けずに亡くなった事件が端的な事例だ。もちろん、外国人を差別するのはやめるべきだ。だが、自国民を最優先に保護することが国家の基本的な任務だ。政府は社会的距離を置く措置を取る期間だけでも全面的な入国禁止措置を併行してほしい。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP