주요 기사 바로가기

コロナ発源地論争の中…「昨年11月にイタリアで『異常な肺炎』発生」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.23 15:31
0
新型コロナウイルス感染症の発源地をめぐり米国と中国が舌戦をする中、昨年11月にイタリア北部で「異常な肺炎」が発生したという主張が出てきた。

23日の香港サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)によると、イタリア・ミラノのマリオ・ネグリ薬学研究所のジュセッペ・レムチ所長は米国公営ラジオ放送(NPR)のインタビューで「医師らは昨年11月ごろ高齢者を中心に異常で深刻な肺炎が発生したのを記憶している」と述べた。

レムチ所長は「これは我々が中国で伝染病が発生したことを知る前に、少なくとも(イタリア北部の)ロンバルディアではウイルスが流行したという点を意味する」とし「人々が認知していない状況でウイルスが広がっていたかもしれないということだ」と明らかにした。

イタリアは新型コロナ被害が最も深刻な国だ。死者数は20日に中国を上回り、22日午後基準で5476人。このうちウイルス拡大拠点のロンバルディア地域でイタリアの死者全体の63.1%が発生した。

ロンバルディア地域での新型コロナ拡大は、1月末にイタリア人が中国人と接触して始まったというのが定説だ。しかし昨年11月にすでに新型コロナがロンバルディア地域で発生していたことが立証される場合、こうした主張は力を失うと、SCMPは分析した。新型コロナは昨年12月1日に中国武漢で最初に発生したと考えられてきた。

新型コロナの根源をめぐり米国と中国は対立している。トランプ米大統領は新型コロナを「中国ウイルス」と、ポンペオ米国務長官は「武漢ウイルス」と呼び、中国が新型コロナの発源地という点を強調している。

しかし中国外務省の趙立堅報道官は「米国が根拠なく中国を誹謗する。米軍が新型コロナを武漢にもたらした可能性がある」と主張し、論争を深めた。中国国家衛生健康委員会専門家グループ長の鐘南山氏など中国の専門家も「新型コロナの発源地が武漢という主張は根拠がない」と発言している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP