주요 기사 바로가기

米ITC「SKイノ、バッテリー訴訟で故意的証拠隠滅、法廷冒とく」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.23 08:56
0
米国で進行中のLG化学とSKイノベーションの電気自動車用バッテリー営業秘密侵害訴訟で米国際貿易委員会(ITC)が先月出した「早期敗訴」承認判決文を公開した。ITCは先月、LG化学が要請した早期敗訴判決を承認する予備決定を出した。

ITCは21日(現地時間)に公開した判決文で「SKイノベーションの故意的な証拠隠滅が公正で効率的な裁判を妨害した」と指摘した。判決文は「営業秘密侵害訴訟は特に証拠隠滅行為に敏感だが、今回の訴訟は証拠隠滅とフォレンジック(デジタル証拠保存)命令違反など『法廷冒とく』で相当な困難があった」と明らかにした。判決文は「これを考慮すると、LG化学の早期敗訴判決要請は正当」とし「SKイノベーションは訴訟を認知した2019年4月9日から証拠保存義務が発生したという事実に議論の余地はなく、この時点以降にも積極的に文書を削除したり削除されるよう傍観した」と指摘した。

判決文にはSKイノベーションに在職中の元LG化学職員のパソコンの「ゴミ箱」で発見されたエクセル文書が証拠資料として提示された。昨年4月12日に作成されたこのエクセルシートには「LG社」「L社」「ライバル会社」などのキーワードが含まれたLG化学関連の削除されたファイル約980件が羅列された。

このほかにも元LG化学職員が2018年に作成した内部の電子メールに「こういうものを持っていてはいけないか」という内容と共に、LG化学の陽極材・陰極材などバッテリー素材関連の配合や仕様に関連する資料が添付されていた。

判決文は「隠滅された証拠はLG化学が主張した営業秘密侵害内容と直接関係があり、訴訟の争点は該当の証拠を通じて判断することができる」と明らかにした。ITCは「今回の早期敗訴決定は別の事件で発生し得る類似の違反行為を予防するためのものだ」と強調した。

SKイノベーションは「予備決定」に対して異議を申し立てた状態だ。ITCは来月17日まで異議申し立てを検討して受け入れるかどうかを決め、10月5日までに米国関税法337条(著作権侵害制裁規定)違反かどうかや輸入禁止などの措置を決定する。ITCが最終決定を出せば、LG化学の営業秘密を侵害したSKイノベーションのバッテリーセルやモジュールなど関連部品・素材に対する米国内の輸入禁止効力が発生する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米ITC「SKイノ、バッテリー訴訟で故意的証拠隠滅、法廷冒とく」

    2020.03.23 08:56
    뉴스 메뉴 보기
    SKイノベーションの電気自動車用バッテリーセル [写真 SKイノベーション]
    TOP