주요 기사 바로가기

文大統領「韓米通貨スワップ、国内の外国為替市場安定化に大きな助け」

ⓒ 中央日報日本語版2020.03.20 15:21
0
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は20日、韓米間の通貨スワップ協定が締結されたことを巡り「国内の外国為替市場の安定化に多いに役立つだろう」と評価した。

文大統領はこの日、SNSに掲載したコメントを通じて「第1回非常経済会議を開き、前例のない民生・金融安定政策を発表した日に聞こえてきたうれしい便り」と明らかにした。

韓国銀行と米連邦準備制度理事会(FRB))は前日600億ドル(約6億6000万円)規模の通貨スワップ協定を締結した。

契約期間はこの日から最小6カ月(2020年9月19日)で、韓銀はFRBから韓国ウォンを担保として最大600億ドル内でドル資金を調達できるようになった。

文大統領はSNSで「国際共助を主導していた韓国銀行、またこれを積極的に支援して国内共助に乗り出した企画財政部を激励する」としながら「非常な時期に『経済中央対策本部』の使命感が成し遂げた結実」と強調した。

続いて「韓国銀行はこれまで中央銀行としての独立性と専門性を基に、様々な経済状況に責任を持って対応して地位を強化してきたが、今回の成果もその結果だと見る」とし「ご苦労様」と激励の言葉をかけた。

文大統領は「通貨当局と財政当局の共助で実現した今回の成果に、国民が心強さを感じている」としながら「機軸通貨国としてリーダーシップを発揮してくれた米国にも謝意を表する」と少なかった。

あわせて「政府は外国為替市場の安定化に続き、債権市場と株式市場の安定化のためにも強力な対策を建てていく」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領「韓米通貨スワップ、国内の外国為替市場安定化に大きな助け」

    2020.03.20 15:21
    뉴스 메뉴 보기
    文大統領
    TOP