주요 기사 바로가기

韓米600億ドル通貨スワップ、足元の金融不安を抑え込む

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.20 07:20
0
韓国が米国と600億ドル(約6兆6400億円)規模の二国間通貨スワップを締結した。外国為替市場の変動性が高まった状況で最小限の安全ピンを確保することになった。

19日、韓国銀行によると、米連邦準備制度理事会(FRB)と結んだ今回の契約は、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の拡散余波で韓国ウォン価値が急落するなど、外国為替市場が揺れ動く中で電撃的に結ばれた。契約期間は6カ月(2020年9月19日)だ。その後の状況によっては延長される可能性もある。

FRBはカナダ・英国・欧州(ECB)・日本・スイスなど5カ国の中央銀行と常設スワップ協定を結んでいる。最近、世界のドル資金市場の梗塞が深刻だと判断し、韓国を含めた9カ国と追加でスワップ契約を締結することにした。規模は、韓国・オーストラリア・ブラジル・メキシコ・シンガポール・スウェーデン中央銀行とは600億ドル、デンマーク・ノルウェー・ニュージーランド中央銀行とは300億ドル。

通貨スワップは、それぞれ異なる通貨をあらかじめ定められた為替レートによって一定の時点に相互交換する外国為替取り引きだ。相手国の中央銀行に一種のマイナス通帳を開設する概念だ。米国と締結すれば、ドルを貯めておく効果がある。

韓国が米国と通貨スワップを締結したのは2008年に続き2回目だ。世界金融危機の影響で韓国内の外国為替市場でドル流動性危機の懸念が高まったときだった。2008年10月30日に300億ドル規模(6カ月)で締結したが、その後2回延長して2010年2月まで維持された。韓銀関係者は「当時を振り返ると、スワップ契約締結以降、ドルの流動性に対する不安心理が和らぎ、対ドルで急激に進んでいたウォン安相場がいち早く安定を取り戻した」と話した。2008年8月末、1ドル=1089ウォンだった相場はスワップ契約締結直前に1468ウォンまでウォン安が進んでいたが、スワップ契約終了時点には1170ウォンまで戻って安定を取り戻した。

韓銀関係者は「スワップを通じて調達した米ドル貨を直ちに供給する計画」としながら「ドル貨の需給不均衡により相場が急上昇する状況で、外国為替市場の安定に寄与すると期待している」と話した。FRBもこの日、ホームページに掲載した声明を通じて「グローバルドル貨市場の緊張を緩和し、国内外の家計・企業に対する信用供給に及ぼす影響を減じるためのもの」と説明した。韓米通貨スワップ締結発表後、ニューヨークのノンデリバラブル・フォワード(NDF)市場で、ウォン・ドル相場はいち早く安定を示している。19日、ソウル外国為替市場の終値は前日比40ウォン安の1285.7ウォンだったが、NDF市場では午後11時20分現在、1250ウォンで終値比35ウォン程度値上がりした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓米600億ドル通貨スワップ、足元の金融不安を抑え込む

    2020.03.20 07:20
    뉴스 메뉴 보기
    韓米通貨スワップ
    TOP