주요 기사 바로가기

KOSPI8%安、…ECBも、サーキットブレーカーも止められなかった暴落

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.19 18:51
0
韓国総合株価指数(KOSPI)が大暴落した。漠然とした恐れの前に欧州中央銀行(ECB)の7500億ユーロの追加債券買い入れのニュースは何の効果もなかった。サーキットブレーカーまで発動したが急落を防ぐことはできなかった。

19日のKOSPIは1457.64で前日より133.56ポイント(8.39%)の下落で取引を終えた。終値基準で1500を割り込んだのは2009年から11年ぶりだ。

始まりは良かった。前日より34.89ポイント(2.19%)上がった1626.09で取引を開始した。欧州中央銀行(ECB)が7500億ユーロの債券を追加で買い入れるというニュースが伝えられてだ。上昇傾向はわずかの間だけで、10分後には下落傾向に入り込んだ。下げ幅は正午を過ぎてから激しくなり、KOSPIとKOSDAQともに8%以上下がった。

結局韓国取引所は両市場で取引を20分間停止させるサーキットブレーカーを発動した。発動当時KOSPIは1461.51(8.15%安)、KOSDAQ指数は444.81(8.31%安)だった。だが取引再開後も急落は止まらなかった。

この日1日で外国人投資家は前日の5896億ウォンより多い6217億ウォンを売り越した。機関投資家が2885億ウォン、個人投資家が2484億ウォンを買い越したが、流れを変えるのには失敗した。NH投資証券のノ・ドンギル研究員は「きょうの下げ幅拡大は外国為替市場の影響により外国人投資家の売り越し規模が増加したため。流動性逼迫を防ごうとするなら金融危機当時を上回る水準の政策が必要だ」と指摘した。

韓国政府が乗り出しはした。韓国政府はこの日第1回非常経済会議を開き、金融圏が共同出資する証券市場安定基金を作ると明らかにした。洪楠基(ホン・ナムギ)副首相兼企画財政部長官は「証券市場が回復するまで個別銘柄ではなく市場代表指数商品に投資して株式市場全般の安定を図る役割を担うだろう」と話した。債券市場安定ファンド組成計画と50兆ウォン以上の民生金融安定パッケージも出したがやはり恐怖に勝てなかった。

アジア主要国の証券市場もともに急落した。韓国の下げ幅が最も大きかった。この日中国の上海指数は0.98%、日本の日経平均は1.04%、香港のハンセン指数は2.51%下落した。17日の取引を全面中断したフィリピンの証券市場総合指数(PSEi)は13.34%急落した。CNBCはKOSPIの急落を主要ニュースとして取り上げた。

ウォン相場は前日より40ウォンのウォン安ドル高となる1ドル=1285.7ウォンで取引を終えた。下げ幅は2009年3月30日の42.5ウォン以降で最も大きかった。1ドル=1280ウォンを超えたのは2009年7月14日の1293.00ウォンから11年ぶりだ。深夜にニューヨーク証券市場も急落したが、ドル流動性不足に対する懸念と安全資産選好需要などが加わりドルが上昇したものとみられる。キウム証券のキム・ユミ研究員は「ニューヨーク証券市場急落にともなう不安心理と違いドル高の影響による通貨安圧力は当分続くだろう」と話した。

韓国銀行は19日に1兆5000億ウォン規模の国債単純買い入れをすることにしたと明らかにした。量的緩和に出たものと分析される。韓国銀行は流動性を吸収する必要性がある時に債券を売却し、流動性供給が必要な時に債券を買い入れ市中に資金を放出する。韓国銀行は2008年の金融危機当時に買い戻し条件付き債券(RP)の買い入れなどを通じて約17兆ウォンを放出した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    KOSPI8%安、…ECBも、サーキットブレーカーも止められなかった暴落

    2020.03.19 18:51
    뉴스 메뉴 보기
    ソウル汝矣島(ヨイド)KB国民銀行ディーリングルーム
    TOP