주요 기사 바로가기

故ムン・ジユン側「咽喉炎の悪化による急性敗血症…新型コロナではない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.19 14:50
0
俳優ムン・ジユン(36)が咽喉炎による急性敗血症で18日に亡くなったが、所属事務所側が「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)によるものではない」と強調した。

所属事務所のカジョクENTによると、ムン・ジユンは18日午後8時56分ごろ、急性敗血症で亡くなった。

ムン・ジユンの死去が伝えられた後、一部では新型コロナの感染を疑う声もあったが、所属事務所側はこれを否定した。

所属事務所側は「ムン・ジユンは、咽喉炎症状が悪化して16日に病院に入院した。その後、状態が深刻で集中治療室に移ったが、意識を失った後、回復できなかった」と説明した。

続いて「救急室に入る前、必ず新型コロナ検査を受けなければ入ることができない。救急室から集中治療室に移された時、隔離病床ではない一般病室だった」とし「新型コロナではない」と主張した。

葬儀室は仁済(インジェ)大学上渓白(サンゲペク)病院葬儀場第3号室に用意された。出棺は20日だ。

ムン・ジユンは2002年MBC(文化放送)ドラマ『ロマンス』でデビューした。KBS2『怪傑春香』、SBS『日チメ』、MBC(文化放送)『善徳女王』、tvN 『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』などの作品に出演して個性のある演技を見せてきた。昨年放映終了したMBC『黄金の庭』ではサビナ(オ・ジウン扮)の夫イ・ソンウク役を演じた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    故ムン・ジユン側「咽喉炎の悪化による急性敗血症…新型コロナではない」

    2020.03.19 14:50
    뉴스 메뉴 보기
    俳優ムン・ジユン
    TOP