주요 기사 바로가기

バッハIOC委員長「選手たちの憂慮を聞いた…五輪までまだ時間ある」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.19 08:06
0
トーマス・バッハ国際オリンピック委員会(IOC)委員長が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)が拡散する中、2020年東京オリンピック(五輪)開催まではまだ時間があると明らかにした。五輪を予定通りに開催するという意中を明らかにした後、相次いで起きた論争を念頭に置いた発言だ。

18日(現地時間)ロイター通信によると、バッハ委員長はこの日選手代表220人とビデオ会議を開いた。バッハ委員長は会議を終えた後、声明を発表して「(会議が)本当に素晴らしく建設的だった」としながら「皆が(東京五輪まで)まだ4カ月ほど時間があるということに気がついた」と話した。

バッハ委員長は選手の健康に対する懸念や準備状況などを聴取したとして「我々は選手たちの利益のために責任を持って行動する」と話した。

バッハ委員長は前日、国際競技連盟トップとの会議と同じように、五輪中止や延期に対して言及しなかったものとみられる。これに先立ち、IOCは前日に執行委員会会議を開いて「東京五輪が4カ月以上残った現在としては、どのような推測も逆効果を生む」としながら「現段階ではいかなる果断な決定も下す必要はない」と明らかにしたことがある。

IOCは前日の国際競技連盟トップとの会議で、五輪中止や延期に対する言及がなく、世界各国から選手たちの健康を脅かす決定だという批判が出てきた。カナダのアイスホッケー国家代表出身でIOC委員であるヘイリー・ウィッケンハイザー氏は、IOCが前日「果断な決定を下す時ではない」と発表したことに対して「状況変化を理解しておらず無責任だ」と話した。

2016年リオ五輪陸上女子棒高跳の金メダリストのギリシャのカテリナ・ステファニディ氏もIOCがエリートアスリートの健康を危険にさらしていると指摘した。バッハ委員長は19日には各国の国内オリンピック委員会(NOC)関係者とビデオ会議を開く。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    バッハIOC委員長「選手たちの憂慮を聞いた…五輪までまだ時間ある」

    2020.03.19 08:06
    뉴스 메뉴 보기
    トーマス・バッハIOC委員長が選手代表と会議を開いた後、「全員が東京五輪まではまだ約4カ月残っているに気がついた」と話した。[写真 文化体育観光部]
    TOP