주요 기사 바로가기

IOC、東京五輪無観客競技は考慮しない

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.17 15:35
0
国際オリンピック委員会(IOC)が一部で提起されている2020東京オリンピック(五輪)無観客開催を考慮していないことが分かった。

17日(日本時間)、英紙ガーディアンによると、IOCは東京五輪の無観客競技を考慮対象から排除した。無観客開催はスポーツの祭典を楽しむために世界中の人々を一つにする五輪の趣旨と相容れないためだ。

IOCは、最近新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)が世界的に拡散しながら、日本内部や国際社会の一部から東京五輪を延期するべきだという声が高まっていた。だが、IOCは予定通りに開催するという立場を示した。

実際、日本では五輪開催を延期しようという意見が支配的だ。朝日新聞が15~16日に日本有権者を対象に実施した電話世論調査では、今年夏に予定された東京五輪・パラリンピックを延期するのがいいとする回答が63%に達した。予定通り開催するのがいいという意見は23%、中止するのがいいという意見は9%にすぎなかった。また、共同通信が14~16日に実施した世論調査では五輪を予定通りに開催できないという回答が69.9%を占めた。

ガーディアンは、IOCの判断は東京五輪への出場権を獲得しようとする選手たちに公平な競争機会を与えるためのものだとしている。IOCは東京五輪の開幕を4カ月後に控えた現時点で延期に関する決定を急いで下す必要はないと考えると伝えた。

ガーディアンはまた、IOCが17日午後(スイス現地時間)に種目別国際連盟(IF)とのビデオ会議前に執行委員会を開く予定だが、東京五輪延期を議題に上げないだろうと予想した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    IOC、東京五輪無観客競技は考慮しない

    2020.03.17 15:35
    뉴스 메뉴 보기
    トーマス・バッハ国際オリンピック委員会(IOC)委員長[写真 文化体育観光部]
    TOP