주요 기사 바로가기

【噴水台】聖火

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.17 08:34
0
第32回東京オリンピック(五輪)期間中、メインスタジアムを照らす聖火の採火式が12日(日本時間)、古代オリンピック発祥地であるギリシャ西部オリンピアのヘラ神殿で開かれた。聖火の伝統は古代オリンピックから始まった。当時、オリンピックは神のための祭典だった。聖火祭儀は神の中でもプロメテウスを記念することだった。プロメテウスは、ゼウスに火を奪われて苦しんでいた人間のために、ヘパイストスの鍛冶屋から火を盗み出した。これを知ったゼウスはプロメテウスをコーカサスの岩山(ジョージア・カズベク山)に磔にし、鷲に肝をついばませた。内蔵は再生し、プロメテウスの苦痛は終わりなく続いた。逆説的に、古代オリンピック当時、聖火が灯っていたのはオリンピアのゼウス神殿だ。

ヘラ神殿で採火され、慣例によりギリシャ内の聖火リレーに入った聖火は13日、ギリシャ南部のスパルタに到着した。聖火リレーが行われた沿道に多くの人々が集まると、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の拡散を懸念したギリシャオリンピック委員会(HOC)側が行事を打ち切った。聖火はアテネのパナシナイコ競技場に移された。1896年第1回アテネオリンピック(五輪)が開かれたところだ。当時は聖火がなかった。聖火は1928年第9回アムステルダム五輪から灯されるようになった。聖火リレーは1936年第11回ベルリン五輪の時に始まった。オリンピアで採火した聖火をリレーを通じてベルリンまで運んだ。アイディアを出したのはベルリンオリンピック組織委員会事務総長(後の組織委員長)カール・ディーム(1882~1962)だ。聖火リレーの誕生にナチス論争がある背景だ。

HOCは19日、パナシナイコ競技場で東京オリンピック組織委員会側に聖火を引き継ぐ。聖火は特別輸送機便で移動する

上陸は宮城県の航空自衛隊基地を通じてだ。続いて福島県に到着した後は26日から日本国内で聖火リレーが始まる。開幕日7月24日までの121日間だ。この行事の意義は開催の準備状況を知らせて、大会の雰囲気を盛り上げるところにある。クライマックスは最終点火者の公開だ。1988年ソウル五輪の最終走者は陸上の林春愛(イム・チュンエ)だった。特異なことに点火者が別にいた。一般人など3人だった。2018年平昌(ピョンチャン)五輪の最終点火走者はフィギュアスケートのキム・ヨナだった。果たして東京五輪聖火が最終点火者の手まで届けることができるだろうか。すべてのことが新型コロナという濃い霧の中に閉じ込められた。しかもこの聖火が進む先は、幾重にも山が重なった深い山奥だ。

チャン・ヘス/スポーツチーム長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP