주요 기사 바로가기

韓国株価、8%暴落で連日の取引一時中断…1700割れ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.13 09:27
0
KOSPI(韓国総合株価指数)が13日、7%以上も下落して一時1700を割った。新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)恐怖で投資心理が冷え込んだと分析される。

この日午前9時25分現在、KOSPIは前日比106.23ポイント(5.79%)下落した1728.10。前日終値比111.65ポイント(6.09%)下落した1722.68で取引が始まり、一時は1684.56まで落ちた。KOSPI先物が5%以上も急落し、取引が一時中断した。前日に続いてサイドカーが発動されたのだ。その後は下落幅がやや縮小している。外国人が1200億ウォン、機関投資家が500億ウォンの売り越しとなっている。

KOSDAQは下落幅がさらに大きい。前日終値比8.39%下落の516.22だ。この日午前9時4分、KOSDAQ市場の急落で売買取引が一時中断(サーキットブレーカー発動)した。

大信証券のイ・ギョンミン研究員は「極度の恐怖心理がグローバル金融市場をパニックにした」とし「主要国の流動性供給、量的緩和拡大など通貨政策と景気浮揚政策、財政拡大政策が市場を回復させることができない状況」と話した。

昨夜のニューヨーク株式市場に「ブラックサーズデー」の津波が押し寄せたことで、国内株式市場をさらに冷え込ませた。。ダウ工業株30種平均が前日比9.99%下落した2万1200ドル62セントで取引を終え、1987年の「ブラックマンデー」(-22.6%)以来の最大の落ち幅となった。S&P500種指数(-9・51%)とナスダック総合指数(-9.43%)も10%近く暴落した。新型コロナのパンデミックに対策がないという不安感から投資家が投げ売りに入った影響だ。

韓国ウォンも急落している。同時刻のソウル外国為替市場で韓国ウォンは前日比14.2ウォン値下がりした1ドル=1220.8ウォンで取引されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP