주요 기사 바로가기

パンデミックで崩れたKOSPI、3.9%の急落…為替相場は1200ウォン台

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.12 18:48
0
12日の韓国総合株価指数(KOSPI)は4%近い急落で取引を終えた。世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルスによる肺炎の世界的大流行を意味する「パンデミック」を宣言してから初めての取引日だ。

この日KOSPIは前日より73.94ポイント(3.87%)下落の1834.33で取引を終えた。

この日の取引は前日終値より20.30ポイント(1.06%)低い1887.97から始まったが、午後に入り下落傾向が強まった。午後1時4分には前日より99.37ポイント(5.21%)低い1808.90まで値を下げ、韓国取引所は売買呼び値の効力を停止させるサイドカーを発動した。有価証券市場でサイドカーが発動されたのは8年5カ月ぶりだ。

その後小幅に指数を上げ取引を終えたが、取引時間中には一時1808.56まで下がり1800まで割り込むのではないかとの懸念が出たりもした。

この日1日でKOSPI市場で外国人投資家が売り越した金額は8952億ウォン相当だ。個人投資家と機関投資家はそれぞれ5361億ウォンと2854億ウォン分を買い越した。

時価総額上位銘柄も一斉に値を下げた。サムスン電子は前日より1300ウォン(2.50%)安い5万800ウォンで取引を終えた。SKハイニックスが3.16%、ネイバーが2.06%、LG化学が6.44%、現代自動車が5.00%、サムスン物産が4.14%、LG生活健康が4.76%など株価が下がった。

KOSDAQは前日割り込んだ600ポイントを回復できなかった。前日より32.11ポイント(5.39%)下落の563.50で取引を終えた。外国人投資家が1482億ウォンを買い越し、個人投資家と機関投資家が697億ウォンと863億ウォンを売り越した。

この日ソウル外国為替市場でウォン相場は昨年8月以降で最も大きい下げ幅を記録した。ウォン相場は前日より13.5ウォンのウォン安ドル高となる1ドル=1206.50ウォンで取引を終えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP