주요 기사 바로가기

WHO、感染者12万人超えてやっと「パンデミック」宣言…「新型肺炎は統制可能」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.12 07:16
0
世界保健機関(WHO)は11日(現地時間)、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に対して世界的な大流行、すなわちパンデミック(pandemic)を宣言した。これに先立ち、WHOは1968年香港インフルエンザと2009年新型インフルエンザの流行当時、パンデミックを宣言したことがある。

WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長はこの日、スイスのジュネーブWHO本部で開かれたメディアブリーフィングでパンデミックを宣言したと米国公営NPR、CNBCなどが報じた。

テドロス事務局長は「最近2週間中国以外で発生した新型肺炎感染事例が13倍増え、被害国も3倍増えた。現在114カ国で11万8000件余りが把握され、4291人が命を失った」として「今後数日、数週間感染者と死亡者、被害国の数ははるかに増加すると予想している」と懸念を示した。

テドロス事務局長は「新型肺炎がパンデミックに特徴付けられるという評価を下した」として「これはコロナウイルスによる最初のパンデミック」と話した。彼は「パンデミックは軽く、または不注意に使われる言葉ではない」とし、「間違って使えば非理性的な恐怖を招き、不要な苦痛と死をもたらしかねない」とその間パンデミック宣言に多少慎重を期してきた理由を説明した。続いて「現状況を『パンデミック』と表現しても新型肺炎の脅威に対するWHOの評価は変わらない」として「WHOの仕事と各国の役割も変わらない」と説明した。

テドロス事務局長は新型肺炎は依然として抑制できると強調した。彼は「多数の国々がこのウイルスが統制されることができるということを見せてくれた」としながら「11万8000件余りの感染事例の中で90%以上は4カ国で発生し、中国と韓国では(新型肺炎が)相当な水準の減少を見せている」と説明した。また「新型肺炎に対してイランやイタリア、韓国が取った措置に感謝する。彼らの措置は中国でもそうだったように社会と経済的に大きな打撃を与えているという点を分かっている」と話した。

テドロス事務局長はもう一度危機状況であることを強調した。彼は「単なる公衆衛生の危機ではない。すべての部門に触れる危機」とし「したがって、すべての部門とすべての個人がこの戦いに関与しなければならない」と呼びかけた。さらに「国が探知、診断、治療、隔離、追跡などをすれば少数の新型肺炎感染事例が集団感染と地域感染に広まることを防ぐことができる」とし「地域感染が広がる国でもパンデミックの進路を依然として変えることができる」と強調した。

テドロス事務局長は「WHOの任務は公衆衛生だ。われわれは新型肺炎パンデミックの社会的・経済的結果を緩和するためにあらゆる分野の多くのパートナーと協力している」として新型肺炎に対する備え、診断・防疫・治療、伝染遮断、ウイルスに対する情報取得などを強調した。

伝染病危険の最高レベルであるパンデミックとは「大多数の人々が免疫力を持っていないウイルスの全世界拡散」を意味する。WHOは感染病の危険水準にしたがって1~6段階の警報段階を設定する。6段階がパンデミックだ。

昨年12月31日、中国で初めて新型肺炎の発病が報告されて以来わずか70日で感染者数は全世界的に12万人を超え、死亡者は4300人を超えた。感染者が発生した国家は少なくとも118カ国に達する。

これに先立ってWHOは1月30日国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態、先月28日世界的なリスク評価を「非常に高い」に引き上げただけでパンデミックではないと主張した。5日、テドロス事務局長は「われわれはまだそこ(パンデミック状況)に達したわけではない」として一線を画した。

しかし、新型肺炎による被害が全世界的に拡散すると予想されると、これ以上パンデミック宣言を先送りすることができないと判断したと分析される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP