주요 기사 바로가기

韓国保健福祉部長官「韓国の防疫力、世界の模範になるだろう」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.09 06:44
0
朴凌厚(パク・ヌンフ)保健福祉部長官が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に関連した発言でまた俎上に上がった。感染者数が多い原因が優秀な防疫力のためと話したためだ。

これに先立って先月26日、朴長官は新型肺炎の拡散の最も大きな原因が「中国から入ってきた韓国人だった」とし、世論の叱責を受けた。朴長官は8日、中央災害安全対策本部の定例ブリーフィングで「世界のどの国より速くて多い診断検査を行っている。逆説的だが、韓国に感染者数が多いのは優秀な診断検査力と徹底した疫学調査など防疫力の優秀性を証明している」と話した。また、「ドライブスルー方式の検体採取やGPS情報を利用した疫学調査などは世界的な模範事例になると考える」と述べた。

だが、新型肺炎の拡散傾向が完全に落ち着いていないうえに、朴長官が防疫失敗の責任者とされる状況で軽率な発言だったという批判の声が医療界から出ている。この日午後4時を基準に新型肺炎感染者は7313人、死亡者は50人だ。

大韓医師協会のチェ・デジプ会長は「防疫が良かった悪かったの評価は感染者と死亡者、治療後障害がどれほど残ったのかで判断することだ。現在、感染者・死亡者が多数発生して1~2週内に死亡者が大きく増える可能性もある状況で長官が過度に誤った認識を持っている」と指摘した。

特に、チェ会長は「国民が新型肺炎で苦痛を受けている中で主務部署の長官が防疫に力を注ぐどころか、むしろ苦痛を加重させる発言を行った。朴長官を直ちに更迭しなければならないという医師協の要求は依然として有効だ」と話した。

先月26日、国会法制司法委員会全体会議でも朴長官は新型肺炎の拡散の主な原因として「中国から入った韓国人」と数回強調した。この発言が論議を呼ぶと、チン・ヨン行政安全部長官は2日国会対政府質問で朴長官の発言が「今の段階ではいかなる根拠もない話だと考える」とした。

一方、朴長官はこの日のブリーフィングで新型肺炎の現状を説明しながら政府の防疫対策の優秀性を表明した。彼は「現在の推移では中心地域である大邱(テグ)・慶北(キョンブク)が次第に安定化する変化が現れる初期状況だと判断している」とし、「今、われわれは厳しい時期を耐えているが、これをよく乗り切れば韓国の対応が他国の模範事例であり世界的な標準になることができると考える」と話した。朴長官は防疫体系が効果的に働いているという点も強調した。彼は「31人目の感染者の発生以前と以降は完全に異なる防疫的問題を引き起こしたが、韓国の防疫管理体系は効果的に状況を統制している」と話した。その根拠として▼透明かつ迅速な情報公開▼社会的距離をおくことなど国民の自発的な参加▼速くて多い診断検査の実施▼優秀な医療関係者と世界最高水準の医療機関--などを挙げた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国保健福祉部長官「韓国の防疫力、世界の模範になるだろう」

    2020.03.09 06:44
    뉴스 메뉴 보기
    朴凌厚(パク・ヌンフ)保健福祉部長官
    TOP