주요 기사 바로가기

「徴用労働者像は日本人をモデルに」主張に韓国検察「名誉き損ではない」無嫌疑処分

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.06 08:32
0
「徴用労働者像は日本人をモデルにした」という主張は名誉き損に該当しないという検察の判断が出てきた。

今月5日、ソウル北部地検によると、検察は最近「徴用労働者像のモデルは日本人」と主張して名誉き損と侮辱の疑いなどで告訴された韓国人権ニュースのチェ・ドクヒョ代表を無嫌疑処分した。告訴人である彫刻家の主張に具体的な事実が記されていないうえに、被告人の主張が公益のためだとみられるためだ。

検察は「被疑者(チェ・ドクヒョ氏)が『日本人と明らかになった徴用労働者像をすべて撤去しなければならない。ボロを着て痩せこけた徴用像のモデルは朝鮮人でない日本北海道の土木工事現場で虐待された日本人だ』と主張したのは認められる」とした。

だが、検察は「告訴人が『単なるある人物をモデルにして作業したのでなく、多様な流れが反映されたイメージを構想して過去と現在のつながりが広がるように作った』と述べた」といった。また、検察は「告訴人が『大衆に露出した彫刻像が何をまねて作られたのか、何を構想して作られたかに関しては広範にわたる評価の領域に置かれている』としたが、これは立証可能な具体的な事実に該当しない」と明らかにした。

検察は侮辱罪に対しても「被疑者の発言の根拠が実際の新聞記事や研究結果などに基づいて論理的・客観的な妥当性を失っておらず、主張の目的が公共の利益のためだとみられて告訴人を誹謗する意図があると認め難い」とした。検察は「公共造形物に対する批評、評価および疑問提起に対しては表現の自由がさらに広範に保障される必要がある」とも伝えた。

チェ・ドクヒョ代表と大田市(テジョンシ)議会のキム・ソヨン前議員、『反日種族主義』の著者である落星垈(ナクソンデ)経済研究所のイ・ウヨン研究委員、地域平等市民連帯のチュ・ドンシク代表などは「『徴用労働者』と知られている写真の中の男性たちは日本人をモデルにしたものだ。これは史料で確認され、教育部がこれを認めて(教科書の写真を)修正したと承知している」と主張した。

彼らが主張した男性は1926年9月9日、旭川新聞に載せられた「北海道の土木工事現場で虐待される人々」という見出しの記事に登場した日本人労務者の写真だ。この写真は2014年から2017年まで韓国史教科書7種に「朝鮮人強制徴用」などのタイトルで載せられた。

これを受け、労働者像を彫刻したキム・ウンソン、キム・ソギョン氏夫婦は「チェ・ドクヒョ代表などが虚偽事実を流布して名誉を傷つけた」として昨年11月損害賠償請求訴訟を提起した。キム氏夫婦は訴状で「2016年8月24日から8月13日まで日帝徴用被害者を象徴する『強制徴用労働者像』を作って京都・ソウル龍山(ヨンサン)駅・釜山(プサン)・済州(チェジュ)・大田などに設置した」として「徴用に関連した新聞記事、論文、写真資料を研究して炭鉱の中の厳しくて大変な人生を表現しながらも普遍的な人権問題を提起できる労働者像を構想した」と主張した。これに関連して、チュ・ドンシク代表もチェ代表と類似した理由で検察で無嫌疑処分を受けたと伝えられた。

一方、平和の蝶々大田行動など大田地域の市民・社会団体は昨年8月13日、大田市西区屯山洞(ソグ・ドゥンサンドン)のポラメ公園に徴用労働者像を設置した。銅像は労働者が右手に尖がったクワを持って左手でまぶしい日差しを遮りながら眺めている姿だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「徴用労働者像は日本人をモデルに」主張に韓国検察「名誉き損ではない」無嫌疑処分

    2020.03.06 08:32
    뉴스 메뉴 보기
    大田市西区大田市庁前のポラメ公園に昨年8月13日設置された徴用労働者像。フリーランサーのキム・ソンテ
    TOP