주요 기사 바로가기

【コラム】獄中の朴槿恵氏、すべての状況を見抜いていた(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.05 11:04
0
2017年3月31日に拘束されて3年間獄中生活をしている朴槿恵(パク・クネ)前大統領は文在寅(ムン・ジェイン)政府で起きたあらゆる懸案をはっきりと見抜いていた。不安な政情、墜落する経済、萎縮した民生経済を連日心配したという。特に、最も心を痛めていたのが昨年11月、絶頂に達した「韓日軍事情報包括保護協定」(GSOMIA)危機だった。

「朴前大統領が弾劾される直前、最後に国政行為を行ったのがGSOMIA延長の裁可だった。国に最も重要なことが韓米同盟なのにそれを後押しするのがGSOMIAだから、政権が交代されてもよく維持してほしいという思いで大統領として最後の権限を行使したということだ。ところが、文在寅政権があのGSOMIAをむちゃくちゃに揺さぶって破棄も辞さないという報道を聞いて大きな衝撃を受けたという。『このままだと韓米同盟が壊れるかもしれない』と獄中で大きく心配していた」。朴槿恵氏を唯一直接面会しているユ・ヨンハ弁護士の伝言だ。

朴槿恵氏は保守統合で最高の変数だった。太極旗部隊と大邱(テグ)・慶北(キョンブク)の議員らは未来統合党がユ・スンミン氏の勢力と合わせる時や、公認改革に出る時や「朴槿恵」を売って「朴氏寄りの政党」を作って統合党を困らせると主張して意地悪をしてきた。保守の改革と外縁の拡張を追求する統合党は煩うしかなかった。

総選挙を2カ月控えた先月中旬に統合党公認管理委員会が大邱・慶北の現役議員の70~80%を入れ替えの対象に決め、キム・ヒョンオ委員長が該当議員に電話でカットオフの決定を通知した時も大邱・慶北の議員は開き直る態度で持ちこたえた。ソ・チョンウォン氏、チョ・ウォンジン氏、キム・ムンス氏が力を合わせて作った自由統一党、ホン・ムンジョン氏が作った親朴新党、韓国経済党など大邱・慶北地域に乱立したその場凌ぎの親朴政党が大邱・慶北の議員の「後押し」になった。「私たちのクビをすれば親朴党に行く」としてキム・ヒョンオ氏を脅迫したため、大邱・慶北の公認は総選挙が間近に迫った今まで進捗せずにいる。

このような状況で朴槿恵氏が投獄3年ぶりに初めて文書でメッセージを出した。「国がかなり厳しい。お互いの違いがあり得るし、埋めることが難しい隔たりもあるだろうが、より良い大韓民国のためにかつての巨大野党を中心に太極旗を手にした皆さんが一丸となって下さるよう呼びかけたい」。

【コラム】獄中の朴槿恵氏、すべての状況を見抜いていた(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP