주요 기사 바로가기

BTS、ビルボード4連続1位…ビートルズ以来、最短記録を更新

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.03.02 09:52
0
防弾少年団(BTS)が米国ビルボード(Billboard)のアルバムチャートで4回目の1位を占めた。ビルボードは1日(現地時間)、防弾少年団が4thフルアルバム『MAP OF THE SOUL:7』で、最新チャート(3月7日付)で「ビルボード200」の頂上に立ったと報じた。ビルボードは先月24日、「防弾少年団のニューアルバムがアルバム販売指数30万点ほどを記録して1位にランクインするだろう」と予想していたが、予想値をはるかに超える42万2000点を達成した。

これは今年のビルボード最高スコアで、実物アルバム販売量が34万7000点、デジタル音源ストリーミングおよびダウンロード回数がそれぞれ4万8000点、2万6000点を記録した。ビルボードは音源1500回ストリーミングあるいは10曲をダウンロードすれば実物音盤1枚を購入したものと見なしているが、初週のストリーミング回数だけで7479万回に達する。昨年12月に発売されたハリー・スタイルズの『Fine Line』(47万8000点)や2015年ワン・ダイレクションの『Made in the A.M.』(45万9000点)に迫るスコアだ。

販売枚数の急増も目立っている。昨年4月に発表した『MAP OF THE SOUL:PERSONA』(23万点)の初週販売量の2倍に達する。2018年5月に発表した『LOVE YOURSELF 轉 ‘TEAR’』と9月『LOVE YOURSELF 結 ‘ANSWER’』はそれぞれ13万5000点、18万5000点を記録した。

1年9カ月で4連続1位を記録したことによって、グループとしてはビートルズ以来、最短記録を書き直した。英国スーパーバンドのビートルズは1966年7月『Yesterday and Today』から1968年1月『Magical Mystery Tour』まで1年5カ月の間に「ビルボード200」1位アルバム4枚をリリースした。全体歌手の中では、米国ラッパーのフューチャーが2015年8月『DS2』から2017年3月に発表した『Hndrxx』まで1年7カ月で達成した5連続1位に続く記録だ。

今回の記録で、歴代ビルボード1位を占めた非英語圏アルバム10枚のうち5枚をK-POPが占めることになった。昨年発売されたSuper Mのデビューアルバムの他に、非英語アルバムはイタリアのテノール歌手アンドレア・ボチェッリの『Si~君に捧げる愛の歌』(2018)、多国籍ポッペラグループIl Divo(イルディーブォ)の『Ancora(アンコール)』(2006)、ベルギー修道女で歌手ザ・シンギング・ナンの『ドミニク』(1963)だけだ。米国出身のジョシュ・グローバンの『Closer』(2004)とセレーナの『Dreaming Of You』(1995)はそれぞれポッペラとラテン音楽を組み合わせたアルバムだ。

今回のアルバムは米国よりもはるかに保守的な欧州市場でも善戦している。英国オフィシャル・チャート(Official Charts)のアルバムチャートで2連続1位ランクインに続き、ドイツ公式音楽チャートでも初の1位を記録した。フランス公式チャートや日本オリコンランキングでも頂点に立ち、世界5大音楽市場を席巻した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    BTS、ビルボード4連続1位…ビートルズ以来、最短記録を更新

    2020.03.02 09:52
    뉴스 메뉴 보기
    先月24日、『ザ・トゥナイト・ショー(The Tonight Show Starring Jimmy Fallon)』に出演した防弾少年団。[写真 Andrew Lipovsky/NBC]
    TOP