주요 기사 바로가기

イニエスタが日本脱出? 東京五輪組織委は戦々恐々

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.28 07:58
0
新型コロナウイルス感染症の恐怖がスポーツ界全般に広がっている。特に北東アジア3カ国(韓日中)のプロスポーツでプレーする外国人選手の間で急速に広がる雰囲気だ。

韓国プロバスケットで外国人選手の離脱事例が初めて出てきた。KTの米国人選手アレン・ダーラム(32)が新型コロナに対する不安を訴え、所属チームを自ら退団して27日に米国に戻った。ダーラムが逃げるように韓国を離れたのは外国人選手の恐怖感を端的に表している場面だ。

プロバスケットの外国人選手らはお互い交流が多く、よく集まって情報も共有する。KTの関係者は「バイロン・ミュレンズ(31)も『新型コロナのためにプレーしたくない』という意向を伝えてきた」と話した。高陽(コヤン)オリオンのボリス・サボビッチも韓国を離れることになった。

プロサッカーの雰囲気も似ている。ある地方チームの関係者は「最近チーム内のブラジル選手らが『新型コロナのため家族が心配だ。(家族を)すぐに故郷へ帰すべきだろうか』と尋ねてきて、返答に困った」と語った。

新型コロナ「発源地」中国のプロサッカーも非常事態を迎えている。リーグ開幕は4月以降に延期し、多くの球団が海外キャンプ日程を延長して帰国を遅らせている状況だ。外国人選手の離脱も出てきた。長春亜泰所属のFWリハイロ・ジヴコビッチ(24、オランダ)は新型コロナを理由に「中国に戻らない」と球団に伝えた。結局、球団側は先月末、イングランドプレミアリーグ球団シェフィールド・ユナイテッドにレンタル選手として送った。英デイリーメールは「マルコ・アルナウトビッチ(31)、オスカル(29、ともに上海上港)、ムサ・デンベレ(33、広州富力)、マルアン・フェライニ(33、山東魯能)など中国でプレーする外国人スターができるだけ早期に中国を抜け出すことを考えている」と報じた。

中国・韓国に続いて北東アジア3カ国のうち最も遅い25日にプロサッカーの日程を延期した日本のJリーグも「外国人選手の離脱」を憂慮している。日本メディアは26日、「新型コロナでJリーグ日程が遅れただけに、元スペイン代表のイニエスタ(36)など外国人選手の脱日本ラッシュが始まるだろう」と伝えた。

NHKによると、26日基準で日本国内の新型コロナ感染者は891人。近いうちに1000人を超える可能性が高い。これを受け、日本国内の外国人選手の恐怖感も強まる雰囲気だ。今月初め(9日)、FC東京のブラジル選手アルトゥール シルバ(24)は「地下鉄にも安心して乗ることができない状況は耐えられない。新型コロナ関連状況が悪化すれば日本を離れる」と語った。

Jリーグ関係者が何よりも懸念しているのは、2011年の東日本大震災直後と似た雰囲気の再現だ。当時、余震の可能性と放射性物質を心配して日本プロ野球やJリーグの多数の外国人選手が日本を離れ、リーグの雰囲気は沈んだ。

特に年俸30億円台の「特級スター」イニエスタが新型コロナを理由に日本を離れる場合、東京オリンピック(五輪)に及ぼす悪影響は想像しがたいほどだ。このため日本政府と東京五輪組織委員会は戦々恐々としている。新型コロナ事態が悪化し、東京五輪に向けた国際オリンピック委員会(IOC)の視線も以前とは異なる雰囲気だ。ディック・パウンドIOC委員(78、カナダ)は26日、「新型コロナのため東京五輪の開催が難しければ、大会を延期したり開催地を変更したりするよりは中止にする可能性が高い」と発言した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    イニエスタが日本脱出? 東京五輪組織委は戦々恐々

    2020.02.28 07:58
    뉴스 메뉴 보기
    東京オリンピック公式ロゴ
    TOP