주요 기사 바로가기

「ゴールデンサイクル」狙った韓国の自動車業界、新型肺炎で新車発売に打撃

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.25 14:27
0
韓国の自動車産業が新型コロナウイルス拡散で揺らいでいる。24日の自動車業界によると、国産自動車と輸入車業界は今年新車ラインナップ拡大と10年以上の老朽車買い換え時の個別消費税引き下げ措置などによる「ゴールデンサイクル」を期待していた。ゴールデンサイクルとは核心モデルの新車が相次いで発売され販売が増える時期を意味する。

だが韓国の自動車メーカーは新型肺炎拡散で新車発売を延期したり発売行事の縮小を検討している。現代自動車グループは当初プレミアムブランドであるジェネシスの主力モデル「G80」を今月発売する計画だったが3月以降に延期した。1月に発売したスポーツ多目的車(SUV)「GV80」と発売間隔を開けようという計画だったが、新型肺炎拡散と他の新車発売がずれ込み計画を変更した。

また、3月には現代自動車が準中型セダン「アバンテ」を、起亜自動車が中型SUV「ソレント」をそれぞれ発売する予定だが、大規模な発売・試乗イベントを予定通り実施するかは未知数だ。現代自動車グループ関係者は「新型肺炎対応危機警報段階引き上げで人が多く集まる行事を進めるのは容易でない」と話した。

4年ぶりに国産新車発売を控えたルノーサムスンの状況はもっと深刻だ。来月に日産「ローグ」の委託生産が終了するルノーサムスンは、輸出・内需販売の同伴不振から新車「XM3」に大きい期待をかけている。会社の命運がかかる新車という点で力を入れてきたが、マーケティング活動に制約が生じかねず悩みは深い。

昨年3年ぶりに販売が減少した輸入車もやはり今年は大々的な新車発売で反騰を狙ってきた。輸入車業界関係者は「今年は新車投入で販売が増えるものと内部計画を立てているが影響が出ないか心配が大きい」と話す。

中国製部品需給が困難となり既存の人気モデルの生産にもやはり影響が出ている。さらに内外のモーターショー日程が不透明になったことも悪材料だ。4月に開催予定だった中国の北京モーターショーが電撃的に取り消された。来月5日の開幕を控えたスイスのジュネーブ・モーターショーもイタリアで新型肺炎感染者が急増し死亡者が発生したことで中止されるとの懸念が大きくなった。ジュネーブ・モーターショーで欧州戦略型ハッチバック「i20」、新型「ソレント」などを展示する予定だった現代自動車のグローバルマーケティング計画も影響が出そうだ。5月に開かれる釜山(プサン)モーターショーもやはりメルセデス・ベンツなど大手輸入車会社の不参加で打撃は避けられない。

航空業界も脱出口が見つからない。昨年の日本との貿易紛争をはじめ、今年初めの新型肺炎拡散まで悪材料が続いているためだ。エアプサンは24日に厳しい経営環境克服に向けハン・テグン代表理事社長以下すべての役員が一括で辞表を提出したと明らかにした。また、部署長も賃金10%を返上することにし、全社員は3月から無給希望休職を実施する。路線も構造調整をする。新型肺炎で搭乗客が急減した中国と東南アジア路線25路線を3月いっぱい運航を取りやめた。これはエアプサンの全国際線32路線の78%に当たる。

イースター航空は操縦士労組と会社側が賃金交渉特別交渉を行い、3~6月の4カ月間の賃金25%を削減する合意案をまとめた。今回の特別交渉は会社側から無給休職協力要請を受けた操縦士労組が無給休職より効果が大きい賃金削減案を先に会社側に提案したという。これに先立ちイースター航空は3月から6月までの4カ月間に運航・客室乗務員を除いたすべての役員社員を対象に、役員は賃金30%返上、本部長の役職手当返上、全社員対象に勤務日と勤務時間短縮申請を受け付けた。

一方、航空業界によると韓国の航空会社の韓中路線運航便数は77%減少した。旅行業界も今月に入り新規予約が80~90%減った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP