주요 기사 바로가기

米疾病予防管理センター、韓国・日本など「明白な地域社会感染国」に指定

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2020.02.22 09:45
0
米疾病予防管理センター(CDC)が韓国を「明白な新型コロナウイルス(COVID-19)地域社会感染国」に指定したことが確認された。

21日、米CDCのホームページによると、CDCは旅行情報に韓国をはじめ、日本・台湾・シンガポール・タイ・ベトナムなどを「明白な地域社会感染が発生した目的地(Destinations with Apparent Community Spread)」に指定した。

地域社会感染は、外国から入国した患者と、この患者と接触した2次感染者を中心に感染者が生じる段階を越え、地域社会で疫学的つながりを追跡するのが困難な感染者が生じる段階を指す。CDCは新型コロナウイルスの感染の程度に応じて自国民への旅行警告を出している。旅行警告は3つのレベルに分けられる。レベル1は注意(Watch)、レベル2は警戒(Alert)、レベル3は警告(Warning)だ。レベル1では通常の予防措置が求められ、レベル2は予防措置が強化される。レベル3では不要な旅行は避けることを勧告する。

米CDCは先日、香港と日本に対しレベル1「注意」を発令した。レベル1に指定された日本の場合、CDCは患者との接触を避け、石鹸と水で20秒以上よく手を洗うこと、アルコールが60~95%含まれる消毒剤を用いることを勧告した。

現在、中国はこれより2段階高いレベル3「警告(Warning)」に指定されている。「中国への不要な旅行は避ける」ということだ。韓国は「地域社会感染国」に含まれたが旅行警告レベル1~3には含まれなかった。

CDCによると、レベル1の旅行「注意(Watch)」を発令してもこれは通常の予防措置を求めるレベルであり、米国人の当該国への旅行が完全に禁止されるわけではない。レベル1「注意」を発令しても、当該国への旅行をキャンセルしたり、延期するよう勧告するものではない。ただし、旅行者が注意する必要はあるという趣旨で「注意」が発令される。

これに対し、韓国政府は大邱(テグ)・慶尚北道(キョンサンブクド)地域では患者が急増しているが、全国的拡散の兆候はまだないと報告している。

パク・ヌンフ保健福祉部長官は「大邱と慶尚北道清道(チョンド)で短期間に多数の陽性判定患者が発生し、ソウルなど他の複数の地域でも少数の患者が新たに確認されたが、1つのクラスタ(集団)として括ることができるうえ感染経路が把握されているため、まだ全国的拡散段階ではないと見ている」と述べた。

一方、CDCとは別に、米国務省は先月、中国本土に対しては最も高い段階で「旅行禁止(do not travel)」に該当するレベル4の旅行警報を出した。米国務省は先週、警戒心を高める趣旨で香港に対する旅行警報はレベル1からレベル2に引き上げた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP