주요 기사 바로가기

【コラム】国境超越するウイルス防ぐ国際的協力整備していかねば=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.20 11:42
0
韓国で1週間過ごしてたったいまワシントンに戻りました。ニューヨークからソウルに向かう旅程のうち飛行機の座席はあちこち空いており、空港は妙に息を殺すかのように静かでした。出発地と到着地で会った人々から新型コロナウイルスによる肺炎が広がり続ける渦中に旅行をするのは心配ではないかとの質問を絶えず受けました。

私は現状を綿密に検討し、ウイルス拡散をめぐる不確実性にもかかわらず、リスクを受け入れられると判断したと答えました。韓国政府関係者はウイルスに対処するための明確な措置を発表しており、何より国民もやはりこれを積極的に履行するという意志を見せました。韓国の公衆保健政策に対する私の信頼は、韓国がこれに先立ちこの分野で手痛い経験があるという事実から始まりました。私は2009年に韓国が衝撃的な新型インフルエンザA・H1N1に苦しめられた当時の駐韓米国大使でした。韓国がこうした過去から教訓を得て必要な措置を施行するために研究した多様な努力をよく知っていました。

今回1週間ソウルに滞在しながら私の信頼に対する確信を得ました。もちろん本分を尽くして手洗いなどのルールをすべて守ろうと努力しました。新型肺炎拡散の危険が終わったのでは決してなく特に大邱(テグ)・慶尚北道(キョンサンブクド)で感染者が増えてはいるがウイルスに対する韓国当局の相対的な透明性と、事実に基づいた効果的な疎通努力、そして情報に基づいた国民の協力は米国を含めた他の国には肯定的な手本です。

中国も今回の経験を通じて学ぶ点が多いです。中国当局は初めての感染者が発生して1カ月が過ぎてから世界保健機関(WHO)に新型肺炎発病を報告したといいます。これにより問題を認識し解決するための国際的努力が遅れました。中国はまた、先月2日から28日まで新規患者報告をまったくしませんでした。中国政府は湖北省以外の地域で新たな事例が見つかった後に初めて膨大な規模の隔離と極端な措置を取りましたがこれはとても遅かったです。

日本と米国の当局も正しい対策を探すため孤軍奮闘しました。日本の場合、ダイヤモンド プリンセス号の隔離措置はウイルスを防げず、むしろ感染拡散のインキュベーターになってしまいました。米国はトランプ大統領から始まり当局者が発信する矛盾したメッセージと政策、そして大衆が感じるウイルスに対する恐怖が不安を拡大し、中国系や他のアジア系に火の粉がふりかかる現象をあおるばかりでした。

もちろん私たちは依然として中国とその他地域の新型肺炎感染経路に対しまだ正確にわからずにいます。公衆保健だけでなく政治と経済に及ぼす影響もどれだけ重大かわかりません。いまは国同士の比較優位を確認する時ではなく、それはやはりこの文を書く私の意図ではありません。

だがこの深刻な経験からひとつ重要な教訓を得るのは早くないと考えます。重症急性呼吸器症候群(SARS)、中東呼吸器症候群(MERS)、新型肺炎をはじめ、未来に発病する疾病のすべてが国籍や政治的境界がないということです。こうした問題はすべて国際協力が切実です。こうした共助はその場しのぎでできるものではありません。長く続く関係と機関を基盤とすると最も効果的です。しかし新型肺炎の対応において最も不安を与える要因のひとつはこうした事態に立ち上がらなければならない協力関係と国際機関が備わっていないという点です。

今回の危機から国はWHOのような機関が固有業務遂行にかかる資金と人材、政治的支援を備えるように協力するという意志を再確認しなければなりません。韓国と米国、中国、日本など主要国の保健専門家は次の危機が勃発する前に協力、透明性と共助を実現する関係を作るのにかかる財政的・政治的支援体系を用意しなければなりません。国境を越えて行き交うこうしたウイルス伝染の危機は明らかに再来し、ウイルスはさらに強力になるでしょう。

レーガン大統領時代に国務長官を務めたジョージ・シュルツ氏は外交を園芸に例えた。彼の言葉によると、このことの大部分は関心と注目を引いたり華麗ではありません。主に土地をたがやして種を植え、土壌に栄養と水を供給し、毎日草花の隙間に出てくる雑草を抜き取ることです。文字通り手を汚して黙々と雑草の中に埋もれて現地指導者と地域社会に力を与えることです。同時に最も高い段階の国際政治力に必要な関係を作っていきます。これは今世紀の最も深刻な課題を解決するための国際的協力の場合、より一層そうです。気候変動と持続可能なエネルギー問題そして最近の伝染病防疫、公衆保健のように全世界的な波及力があり対策を求められる大型課題の協力のことです。

これらすべてが1日で可能なものではないでしょう。当分は私たちみんなが他人のせいにばかりするよりはお互い助け合い、手洗いを熱心にしましょう。

キャサリン・スティーブンス/元駐韓米国大使・韓米経済研究所長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP