주요 기사 바로가기

「愉快で温かい作品」『ハイバイ、ママ!』、キム・テヒの5年ぶり復帰の花道なるか

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2020.02.19 15:46
0
5年ぶりに復帰した女優キム・テヒは『ハイバイ、ママ!』で演技力の好評と視聴率・話題性まですべて手にして「復帰の花道」を開くことができるだろうか。キム・テヒの復帰作『ハイバイ、ママ!』は普遍的な感情から生まれる共感で週末の視聴者の心をつかむ予定だ。

18日午後、tvNの新しい土日ドラマ『ハイバイ、ママ!』製作発表会が新型コロナウイルス拡散を懸念し、オンライン生中継で行われた。

キム・テヒは「同作を選んだ理由」について「昨年の秋ぐらいに作品に初めて出会ったが、台本を見て娘を持つ母親として本当に多くの共感を持った。そしてたくさん泣いた。このような良いメッセージを持つ作品をやれば、自分が感じた悟りと教訓を多くの方々と共有できると思い、この作品を選んだ」と話した。

『ハイバイ、ママ!』は突然の事故で家族のそばを去ることになったキム・テヒ(チャ・ユリ役)が死別の痛みを乗り越えて新たな人生を始めた夫と娘の前に再び現れることで繰り広げられるゴースト・ママの49日のリアル生き返りプロジェクトを描く。

ユ・ジェウォン監督は「キャラクターの個性が強く、キャラクターごとに『見ごたえ』がある作品だ。この作品は特別な話をするのではなく、誰もが共感できる普遍的な感情について物語っている作品」と紹介した。

キム・テヒは作品の鑑賞ポイントについて「エピローグとプロローグを挙げる」とし「このドラマは毎回プロローグとエピローグがある。プロローグとエピローグと言ってもボーナス・シーンではない。本当に重要な場面がプロローグとエピローグに含まれている。俳優たちのナレーションが入る場面もあるが、見逃さずに是非ご覧いただきたい。共感を引き出す作品」と強調した。また「幽霊を題材にしている作品だが、とても明るくて愉快で温かく扱った作品」とし「視聴者の皆さんが見て一緒に共感して、慰めと癒しを感じることができるのではないかと思う」と伝えた。

5年ぶりに復帰を宣言したキム・テヒによって作品が注目されるようなったが、出演俳優らは『ハイバイ、ママ!』は多様な魅力を持つ作品だと述べた。俳優イ・ギュヒョンは「この作品から自分の人生を一度振り返って見ることができるのではないかと思う。幽霊になったらあんな悩みを抱えているんだな、自分は死んでから何を悩むことになるだろうかなど、色々考えさせられる作品」と語った。イ・ギュヒョンは事故により家族のもとを去ったキム・テヒの夫でありコ・ボギョル(オ・ミンジョン役)の夫、チョ・ガンファ役に扮する。「主人公の感情の流れに沿って見ると、いつの間にかドラマに浸っていると思う」と付け加えた。

イ・ギュヒョンの新しい妻オ・ミンジョン役を演じるコ・ボギョルは「作品に人間よりも幽霊の方が多いほど本当に様々な幽霊が出てくる。幽霊がそれぞれ事情を持っていて、この事情がとてもおもしろく、愉快で感動的」と説明した。また、「この作品は誰でも感じるような共感できるストーリーを描いていて、多くの共感を引き出せると思う」とし、「出演する先輩たちの演技も期待できる。キャラクターごとに注目して見てほしい」と話した。

最後にユ・ジェウォン監督は「初回を見る」重要性に言及した。「初回に人物紹介と初期設定が入る。それをおもしろい演出にした。初回の最後のシーンを起点に、このドラマが新たな局面に入る。重要なシーン」と言って見逃さないことを求めた。

『ハイバイ、ママ!』は22日午後9時に初回放送される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「愉快で温かい作品」『ハイバイ、ママ!』、キム・テヒの5年ぶり復帰の花道なるか

    2020.02.19 15:46
    뉴스 메뉴 보기
    女優キム・テヒ
    TOP