주요 기사 바로가기

韓経:中国に次ぐ最多感染者…「日本、10万人超える大流行の可能性」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.19 07:49
0
新型コロナウイルス感染症への初動対処に失敗して地域社会で感染が拡大中の日本で、最悪の場合、感染者が10万人以上に増えるおそれもあるという見方が出ている。このため日本政府は新型コロナウイルスの流行を前提とした診療体系の強化を進めている。

18日のテレビ朝日など日本メディアは、日本国立感染症研究所が2008年に仮想の新型インフルエンザに感染した日本人が海外から東京に帰国した場合を想定して作成した伝染病拡散シミュレーションの結果をまた報道した。このシミュレーションによると、潜伏期の感染者が東京の地下鉄で出退勤する場合、感染4日目の首都圏の感染者は30人に増えると推定された。その後、感染者が幾何級数的に増え、最初の患者が感染6日目に症状が表れて病院に行く頃には、東京など首都圏の感染者が700人を超え、感染10日目には12万人が感染して伝染病が手の施しようもなく広がるということだ。

東京慈恵会医科大学の浦島充佳教授は新型コロナウイルスの感染拡大について「今週の患者数の動向が重要となる」とし「最悪の場合、日本各地で一日10-20人ずつ感染者が出てくれば、伝染病の拡大を統制するのは事実上難しくなる」と述べた。

18日午後現在、日本国内の感染者はクルーズ船の乗船者542人を含めて計616人にのぼる。日本では初めて10代の患者も出てきた。計3711人が乗っていたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」ではこの日まで2404人に対する検査が行われた。残り1307人の検査が終われば、さらに何人の感染者が出てくるか分からない状況だ。加藤勝信厚生労働相は「クルーズ船の乗客全員の検体採取を17日に終了した。陰性が確認された人から19日以降、順次下船する」と伝えた。

屋形船でも15人の感染が確認され、日本に恐怖が広がっている。15人のうち6人がタクシー運転手だが、運転手らは東京でタクシー営業をしながら不特定多数と接触したことが把握された。日本はタクシー運転手がマスクをほとんどしていないため、感染者は大きく増えることも考えられる。産経新聞の黒田勝弘ソウル駐在客員論説委員は18日、「あらゆる災難は人災である」と題したコラムで、韓国政府と民間が感染拡大予防に全力投球したのを日本は見習うべきだと書いた。

新型コロナウイルスの感染が拡大中だが、日本政府は東京オリンピック(五輪)を予定通り開催する方針だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP