주요 기사 바로가기

日本クルーズ船帰国者7人が搭乗した専用機、金浦空港に到着

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.19 07:33
0
日本横浜港で停泊中であるクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船した韓国人6人と日本人配偶者1人を乗せた大統領専用機(空軍3号機)が19日午前6時27分ごろ、金浦(キンポ)空港に到着した。

これに先立ち、空軍3号機は前日である18日正午ごろソウル空港を出発して同日午後2時50分に東京羽田空港に到着して待機していた。

帰国を希望した韓国人6人と日本人配偶者1人は19日午前0時20分ごろクルーズ船から下船した。彼らは駐日韓国大使館が準備したバスに乗って東京羽田空港に移動した。本国から派遣された医療チームは帰国者などの健康状態を確認した。彼らを乗せた専用機はこの日午前2時20分ごろ、現地から離陸した。

彼らは一般乗客と移動経路が完全に遮断された金浦空港のソウル金浦航空ビジネスセンター(SGBAC)の前で検疫など入国の手続きを踏んでいる。

その後、仁川(インチョン)国際空港第1旅客ターミナル付近の国立仁川空港検疫所中央検疫支援センターに移動した後、陰圧隔離室1人部屋で14日間隔離される。

海外流入感染病の遮断のための空港隔離施設である中央検疫支援センターは2011年完工した。陰圧隔離室50室を備えている。

共同通信によると、日本厚生労働省は前日ダイヤモンド・プリンセスで88人の新型肺炎感染者をさらに確認した。これに伴い、3日横浜港に停泊、隔離措置された後、このクルーズ船で確認された累積感染者は542人に増えた。このクルーズ船には乗客2666人、乗務員1045人など3711人が乗船した。この中で韓国人は乗客9人と乗務員5人など計14人だ。

一方、大統領専用機で帰国しなかった韓国人搭乗者は陰性判定を受ければ19~21日に下船する予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本クルーズ船帰国者7人が搭乗した専用機、金浦空港に到着

    2020.02.19 07:33
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の大統領専用機(空軍3号機)。[中央事故収拾本部]
    TOP