주요 기사 바로가기

中国研究陣「新型肺炎、男性の生殖能力に影響を及ぼす可能性」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.18 16:04
0
新型コロナウイルスが肺炎など呼吸器だけでなく若い男性の生殖能力にも影響を及ぼす可能性があるという懸念が出ている。

18日のグローバルタイムズと澎湃新聞など中国メディアによると、南京医大付属蘇州病院の泌尿器科医師、樊彩斌氏が率いる研究陣は、医学論文事前発表プラットホームにこうした内容を発表した。

研究陣はすでに発表された3つの臨床データセットを活用し、新型コロナウイルスが泌尿器と男性の生殖器官に及ぼす影響を分析した。その結果、ウイルスが睾丸組織を攻撃する潜在的可能性があると評価した。

また研究陣はウイルスが腎臓を損傷させる可能性もあるとし、一部の患者から腎臓機能の異常や急性腎臓損傷が見られたと明らかにした。腎臓が損傷する原理は明らかでない。ウイルスが腎臓に直接作用する可能性があり、一部の抗ウイルス薬物は腎臓に対する毒性があるというのが研究陣の説明だ。

ただ、この論文はまだ同僚評価も受けておらず正式発表もされていない。研究陣は研究結果を臨床診療指針として使用できないという但書を付けたと、グローバルタイムズは伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP