주요 기사 바로가기

【グローバルアイ】サンダースとトランプの不安な共通点=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.18 15:23
0
米大統領選の民主党候補指名争いで先頭を走るサンダース上院議員とトランプ大統領は理念が正反対だが共通点を持つ。経済・外交政策では孤立主義性向が目立つという点だ。すでに欧州ではトランプ大統領と比較しながらサンダース氏を「左派民族主義者」と警戒する声が出ている。

サンダース氏はトランプ大統領のように北米自由貿易協定(NAFTA)を「米国の労働者に災難」として反対した政治家だ。先月NAFTAに代わる米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)の承認表決で大統領候補のうち唯一反対票を投じた。「報酬が良い米国の雇用を保護し、環境を改善し、気候変動を防ぐ内容が全く盛り込まれていない」という理由だった。2016年の大統領選挙でサンダース氏の支持基盤である白人労働者がヒラリー候補の代わりにトランプ候補を選択したのも、自由貿易協定を反対するという共通点のためだった。

3日のアイオワ州と11日のニューハンプシャー州のサンダース氏の遊説場で会った若者が78歳のサンダース氏に熱狂する理由は、単一国家医療保険(メディケア・フォー・オール)導入、国公立大の学費免除、大学生の負債減免、最低賃金引き上げのような急進的な国内政策のためであり、外交政策ではなかった。中国とロシア、北朝鮮、イランなど伝統的な地政学的問題はサンダース氏の外交政策の優先順位でもない。サンダース政府の国務長官の最優先順位は何かというニューヨークタイムズの質問に対し「差し迫る気候変動の脅威に対して国際的な努力を主導すること」と答えた。

サンダース氏は「軍産複合体と腐敗した企業の利益のために米国が世界の警察の役割をしたり、軍事的介入主義に進むのを中断すべき」と信じているからだ。イラク、アフガニスタン、シリアから米軍を撤収するという公約もトランプ大統領と同じだ。サンダース氏は民主党候補選の討論で世界の軍費支出に言及しながら「お互い殺し合う殺傷兵器に毎年1兆8000億ドルを投じるよりも、我々の共通の敵である気候変動に資源を投入すべきだ」と主張した。

サンダース氏の外交優先順位は韓国にも大きな影響を及ぼす可能性がある。サンダース氏の外交政策補佐官マット・ダース氏は最近、アトランティック誌に「トランプ大統領のようにツイッターで米軍撤収を宣言したり米軍を傭兵扱いしたりはしない」とし「長期的な韓国・日本・ドイツ駐留は経済的に持続可能でない」と述べた。サンダース陣営の共同議長は「北朝鮮非核化過程の一部として在韓米軍の撤収も排除できない」とも話した。トランプ大統領のように在韓米軍の撤収を公約にはしないが、結局は同じ方向に進むのではと懸念される理由だ。

チョン・ヒョシク/ワシントン特派員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【グローバルアイ】サンダースとトランプの不安な共通点=韓国

    2020.02.18 15:23
    뉴스 메뉴 보기
    トランプ米大統領
    TOP