주요 기사 바로가기

【噴水台】クルーズ船

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.18 14:47
0
2005年4月9日、釜山港は祭りの雰囲気に包まれた。開港以来、最も大きいクルーズ船が寄港したためだ。全長290メートル、全幅50メートル、高さ62.5メートル、11万5875トン級のこのクルーズ船の名前は「サファイア・プリンセス」号だ。この船は双子の姉妹船があるが、その名前は「ダイヤモンド・プリンセス」号。この姉妹船は同年10月、釜山港に初めて立ち寄った。おや? ところでこの船名はどこがで聞いたような…。新型コロナウイルス感染症(コロナ19)事態で、日本横浜港に隔離されたまま停泊中のその船だ。乗客乗員3700人余りのうち17日までに400人近い人に感染が確認された。

大航海時代以降、大陸間の人と物資の運送需要が急増した。19世紀、海洋定期船時代が幕を開けた。「タイタニック」号(1912年英国サウサンプトンから米国ニューヨークに行った初めての航海中に沈没)のような船のことだ。海洋定期船時代は、1960年代、大型旅客航空機の登場によって幕を下ろした。海運会社は活路を模索した。船舶旅行のパラダイムを移動から娯楽に変えた。

クルーズ船誕生の背景だ。1936年に最初の航海に出た「クイーン・メリー」号などは海洋定期船からクルーズ船の過渡期にあった。クルーズ船が人気を呼ぶと、米国ABC放送会社は1977年にシットコム『ラブ・ボート(The Love Boat)』を制作、放映した。クルーズ船はホテル級の客室とさまざまな食堂、ショッピングモール、劇場、カジノ、スポーツおよび休憩施設などを備えている。寄港地に下りなくても24時間楽しむことができる。昨年、世界のクルーズ利用者は3000万人(クルーズライン国際協会、CLIA推算)。現在、世界船舶会社約50社でクルーズ船約300隻を運営中だ(CLIA基準)。世界クルーズ船の半分がカリブ海(32%)と地中海(17%)に集まっている。最大会社は「ダイヤモンド・プリンセス」号の親会社であるカーニバル社(2018年基準市場、シェア42.8%)だ。

クルーズ船はカジュアル、プレミアム、ラグジュアリー級に分類される。乗客1人あたりの乗員数、乗客1人あたりの総トン数などが基準だ。手頃な価格のカジュアル級の場合、3泊基準で1人あたり200ドル(約2万2000円)前後の商品もある。「ダイヤモンド・プリンセス」号はプレミアム級だ。韓国ではクルーズといえば当然「(超)豪華」という修飾語を思い浮かべる。だが、もう人々はペトリーシャーレー(細菌培養皿)を思い浮かべる。ウイルスの前に「豪華さ」などは面目を失うだけだ。

チャン・ヘス/スポーツチーム長

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP