주요 기사 바로가기

韓国で31人目の新型肺炎患者、海外渡航歴ない61歳女性

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.18 10:44
0
韓国で31人目の新型コロナウイルス感染者が確認された。韓国疾病管理本部は18日、こうした事実を公開した。

この患者は大邱(テグ)に居住する61歳の女性で、海外渡航歴はない。大邱で患者が発生したのは今回が初めて。嶺南(ヨンナム、慶尚道)圏の最初の感染者だ。大邱市もこの日、「18日早朝、感染が疑われる患者に分類されていた女性Aさん(61)がウイルス検査で養成と判定された」と明らかにした。

Aさんは風邪と倦怠感のため韓方病院に行ったが、その後、大邱寿城区の保健所で新型コロナウイルス感染が確認された。Aさんは国家指定隔離病床の大邱医療院に隔離されて治療中。

これまで大邱では感染者が一人も確認されていなかった。京畿道(キョンギド)に居住する17人目の感染者(38)が旧正月連休中に2日間訪問したことが確認されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP