주요 기사 바로가기

米中紛争で打撃受けた韓国…輸出減少率9.8%、日本の2倍

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.17 13:03
0
米国と中国の貿易紛争で韓国が主要製造国で輸出に最も大きな打撃を受けたことがわかった。全国経済人連合会傘下の韓国経済研究院が17日に明らかにしたところによると、昨年1-9月の韓国の輸出は前年同期比9.8%減少した。2018年から本格化した米中貿易紛争が世界の貿易規模を萎縮させたためだ。

◇輸出減少、韓国9.8%対日本4.5%

韓国は他の国よりとりわけ打撃が大きかった。同じ期間に世界の総輸出が2.9%減少し、主要製造国のドイツが5.2%、日本が4.5%の輸出減少率を示したのと比較すると、韓国の輸出への打撃は約2倍大きいことになる。貿易紛争の当事者である中国の輸出減少率は0.1%にとどまった。

世界の貿易市場では半導体依存度が非常に高かった。2008年以降10年間の世界20大貿易品(原油・ガス除外)で市場シェアを分析してみると、韓国は4.3%から6.6%に2.3ポイント増加した。半導体の場合、韓国のシェアが23.7ポイント拡大したが自動車は1.1ポイントの上昇にとどまった。造船で韓国のシェアは15.4ポイント落ち込んだ。半導体を除く場合、10年間の韓国のシェアは2008年の4.0%から2018年は4.5%と増加傾向がわずかだった。2019年現在、半導体は韓国の全輸出の約18%を占めている。

◇中国、ほとんどの商品でシェア2倍に増える

これに対し中国は10年間にテレビと貨物自動車の2品目を除いた20大品目のシェアが2倍近く増えた。特に半導体と通信装備は20ポイント以上シェアを伸ばした。日本の場合、乗用車と通信装備の不振が目立った。

全経連のオム・チソン国際協力室長は「中国は韓国の輸出の4分の1、海外投資の3分の1を占めるが、最近の新型肺炎で成長率が0.5ポイント下落すると予想するだけに韓国政府が攻勢的な対外通商戦略を展開すべき」と話した。日本の場合、自由貿易協定(FTA)を通じて貿易規模を増やしている。全貿易量のうちFTAを締結した国との貿易が占める割合を比較してみると、日本は2016年に22.5%にすぎなかったが2018年には51.6%と半分を超えた。これに対し同じ期間に韓国は67.8%で変わらなかった。

◇「FTAなど積極的通商戦略必要」

オム室長は「最大競合国である日本が昨年環太平洋経済連携協定(TPP)発効、日米貿易協定締結を通じ対外通商環境を持続して改善している。韓国の通商当局も輸出活用率55%にとどまっている韓中自由貿易協定(FTA)商品譲歩改正、ロシア・フィリピン・ウズベキスタンとの2国間FTA交渉進展、領東アジア地域包括的経済連携(RCEP)年内妥結と世界貿易機関(WTO)多国間通商体制復元に向けた国際社会との共助体制をさらに強化すべき」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP