주요 기사 바로가기

「ゴーン被告、高級リゾートでスキー」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.14 17:26
0
保釈中に祖国レバノンに逃亡した日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)がレバノンのスキーリゾートに遊びに行ったという報道があった。

14日のFRIDAYデジタルは今月21日発売予定のFRIDAY最新号で、ゴーン被告が今月初めにレバノンのスキー場で撮った写真を公開した。この写真を受けた人物は日本に居住するレバノン人コンサルタントでありゴーン被告の長い友人のイマド・アジャミ氏だった。アジャミ氏は東京拘置所でゴーン被告と面会していた人物でもある。

ゴーン被告が保釈中に祖国のレバノンで逃亡してからすでに1カ月が過ぎた。FRIDAYは「最近は姿を見せずおとなしく潜伏生活を送っていると思いきや、なんと優雅にスキーに興じていた」と報道した。

レバノンには多数のスキーリゾートがあり、ゴーン被告は高級リゾート地の近くに別荘を持っているという。ゴーン被告は複数人の護衛を受けて毎晩、友人と会食をしているというのが、FRIDAYの主張だ。

FRIDAYは「70億円超といわれる莫大な資産を元にゴーン被告はセレブ生活を楽しんでいる」とし「しかしレバノンは度重なるデモの影響で深刻な経済危機に瀕している」と指摘した。現在レバノン内の銀行で引き出せる現金は週500ドルだが、ゴーン被告はレバノン内の複数の銀行の株主であり預金引き出しに制限がないという。

ゴーン被告は現地のインタビューで「週250ドル-300ドルしか引き出せない。私の状況もレバノン国民と全く同じ」と述べた。しかし実際には巨額の資産を背景に贅沢をしているというのが、FRIDAYの報道内容だ。

FRIDAYはそのような豪華生活が終わるのも時間の問題だという見方を示した。すでにゴーン被告の逃亡協力者3人の身元が明らかになり、出入国管理法違反ほう助などの容疑で国際手配の要請準備が進められているからだ。特に米陸軍特殊部隊グリーンベレー元隊員のマイケル・テイラーはゴーン被告のレバノン出国に協力した人物だ。日本と米国は犯罪人引き渡し条約を結んでいる。したがって米国人のテーラーが母国の米国に戻れば直ちに身辺を確保されて日本に送られる。

FRIDAYは「ゴーン被告の出入国管理法違反の証拠が固められ、犯罪が立証されるはず」とし「ゴーン被告がレバノンのリゾートで楽しめるのも今のうちかもしれない」と伝えた。

しかしFRIDAYの楽観的な分析とは違い、日本政府がゴーン被告の身柄を直ちに確保することは容易ではない見通しだ。日本政府はゴーン被告の身柄を確保するためにレバノン政府と外交経路などで協議中だが、実現する可能性は低い。日本とレバノンは犯罪人引き渡し条約も締結していない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP