주요 기사 바로가기

大韓航空労組「趙顕娥側が推薦の専門経営者、航空産業の基本も知らない」

ⓒ 中央日報日本語版2020.02.14 15:45
0
大韓航空労働組合が、韓進(ハンジン)KALに新規社内外取締役8人を選任しようという内容の趙顕娥(チョ・ヒョンア)前大韓航空副社長側の株主提案に対し、「推薦された専門経営者は航空産業の基本も知らない門外漢」と主張した。

大韓航空労働組合は14日、「大韓航空の2万人の労働者は憤怒する、そして警告する」という題した声明書で、「趙前副社長側の株主提案は、大韓航空と韓進グループを掌握し、自由に操って私利私欲を満たすという意図」とし「2万人の労働者はこれに対して憤怒し、警告する」と明らかにした。

前日、趙前副社長と行動主義ファンドKCGI、バンド建設グループ(以下、株主連合)は3月の韓進KAL株主総会を控え、新規社内外取締役8人を選任しようという内容の株主提案を提出した。趙源泰(チョ・ウォンテ)韓進KAL代表取締役の再任に反対し、専門経営者を韓進KAL社内取締役に推薦するというのが骨子だ。

社内取締役候補はSKテレコム代表取締役社長を務めた金信培(キム・シンベ)議長、ペ・ギョンテ元サムスン電子中国総括副社長、キム・チフン元大韓航空常務、ハム・チョルホ元ティーウェイ航空代表取締役(その他非常務取締役)の4人、

社外取締役候補はソ・ユンソク梨花女子大教授、ヨ・ウンジョン中央大経営経済大学教授、イ・ヒョンソク水原大工科大学教授、ク・ボンジュ法務法人サラムグァサラム弁護士の4人。

労働組合は候補について「華麗な肩書の専門経営者として推薦された人物は航空産業の基本も知らない門外漢か、趙前副社長の側近で構成されている」と主張した。また「組合員の生活の基盤に入り込んで甘い蜜を吸おうという試みを労働組合は放置しないとはっきりと警告する」とし「あらゆる手段を動員した阻止闘争を展開する」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP