주요 기사 바로가기

【社説】韓国映画を越えてアカデミーの歴史まで塗り替えた『パラサイト 半地下の家族』

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.11 11:01
0
韓国映画101年歴史上最も驚くべきで輝く瞬間だった。ポン・ジュノ監督の映画『パラサイト 半地下の家族』(以下、『パラサイト』が韓国映画の歴史を書き直した。いや、世界映画史を塗り替えた。昨日、第92回アカデミー授賞式で真の主人公は『パラサイト』だった。作品賞、監督賞、国際映画賞、脚本賞4冠を獲得した。特に、最高栄誉である作品賞を非英語映画が受けたのはアカデミー史上初めてだ。保守的な「アカデミー歴史を塗り替えた」(CNN)と評価される理由だ。監督賞もアジア監督では台湾のアン・リー監督に続いて2回目だ。しかし、リー監督はハリウッド映画(『ブロークバック・マウンテン』『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』)で監督賞を受賞したため少し違う。アジア映画では国際映画賞、脚本賞いずれも最初だ。韓国映画、ひいてはアジア映画の躍進を見せる快挙だ。

その間韓国映画にアカデミーは「難攻不落」とされてきた。カンヌ映画祭の受賞などで芸術性を認められたが、米国中心的で市場寄りのアカデミーの壁は高かった。『パラサイト』の前まではノミネートされることすらできなかった。『パラサイト』は貧富の格差、両極化という普遍的なテーマを扱いながらもスリラーというジャンル的な枠組みの中にこれを混ぜ合わせて娯楽性を失わなかったのが成功の理由に挙げられる。すでに50賞以上の国際映画賞を席巻し、北米だけで3300万ドル(約36億円)の売り上げをあげた。昨年、カンヌ映画祭のパルムドールに続き、アカデミーまで制覇することでポン監督は世界のトップレベル監督の仲間入りを果たした。社会的なメッセージとジャンル的な快感、作品性と商業性という二兎を追う、賢いながらも独特の地位を再確認させた。

今回の『パラサイト』の受賞は韓国映画の躍進を越えてアカデミーを筆頭とした欧米文化市場の変化も見せた。その間米国・白人中心性から脱することができず「ホワイトオスカー」という論議を呼んだりしてきたアカデミーが多元主義という価値の下に非英語映画に門戸を積極的に開放した結果という見方がある。AP通信は「『パラサイト』の受賞は永い歳月、外国映画を低く評価することに満足してきた米国映画賞に分岐点になった」として「世界の勝利(a win for the world)」と評価した。

アイドル防弾少年団の善戦に続き『パラサイト』のアカデミー受賞まで韓国大衆文化のパワーがいつにもまして爆発している。防弾少年団が韓国語の歌詞で米国ファンたちを熱狂させ、世界映画産業の心臓であるハリウッドが韓国映画に熱狂する。これ以上韓国文化が辺境でなく世界文化産業の中心部に堂々と入ったという意味だ。内部エネルギーの枯渇で苦心しながら新しい才能を輸血しようとする欧米の文化産業が韓国の文化コンテンツ・文化人の創意性にラブコールを送っているという意味でもある。韓国映画としては1990年代大企業の映画産業への参入・検閲廃止、2000年代忠武路(チュンムロ)のニューウェーブ、続いて海外3大映画祭受賞・1000万映画時代の開幕など量的・質的な成長が累積した結果としても評価される。

ポン監督は受賞後、記者会見で「最も韓国的なもので埋め尽くし、むしろ最も広く全世界を魅了させることができたのではないか」という感想を述べた。すでに『スノーピアサー』と『オクジャ/okja』を通じてハリウッドに進出した彼だが、韓国の俳優とスタッフ、韓国的ストーリーで協業した結果がさらに強力だった。『パラサイト』の成果はポン監督個人の光栄を越えて韓国映画と文化産業全体に新しい転機になるだろう。彼が言った通り、「映画というただ一つの言語」で世界人を共感させて韓国文化の地位を広く知らしめた『パラサイト』の製作スタッフに敬意を表わす。韓国文化の創意的なDNAをよく育てることが今後の課題だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP