주요 기사 바로가기

韓国フィギュア代表のユ・ヨン、四大陸選手権で銀メダル…キム・ヨナ以来11年ぶり

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.10 10:22
0
苦難もジャンプなしでメダルはない。ジャンプがフィギュアスケートの勝負を分ける。

韓国の「フィギュア王女」ユ・ヨン(16)が8日、ソウル木洞(モクドン)室内アイスリンクで開かれた国際スケート競技連盟(ISU)四大陸フィギュアスケート選手権で総点223.23点で銀メダルを獲得した。韓国選手が四大陸大会で入賞したのは2009年のキム・ヨナ優勝以降、11年ぶりだ。ユ・ヨンが銀メダルを手にすることができたのは、必殺技「トリプルアクセル(空中3回転半)」ジャンプのおかげだ。トリプルアクセルは基本点数が8.00点で、単独のトリプルジャンプでは基本点数が最も高い。ユ・ヨンはショートでもトリプルアクセルを飛んだが、着地でバランスが崩れて実行点数1.6点が減点された。だが、フリーでは実行点数を2.67点も追加した。

金メダルの紀平梨花(18、日本、232.34点)もトリプルアクセルが武器だ。ショートでは単独でこのジャンプを飛んだ紀平は、フリーではダブルトーループと組み合わせて飛んだ。2回とも失敗せずにクリアに飛んで実行点数を2.13点追加した。そのおかげでショート・フリーともに最高点数をマークした。

国際大会で良い成績を収める女子選手の大部分がトリプルフリップ(基本点は5.3点)、トリプルルッツ(5.9点)など主な3回転ジャンプを完ぺきに飛ぶ。他の選手と差を広げるには基本点が高いトリプルアクセルやクアドラプル(4回転)ジャンプを飛ばなくてはならない。これらの高難度ジャンプに成功すれば一気にメダル圏に進むことができる。ユ・ヨンは「銀メダルを獲得できてうれしい。何よりもトリプルアクセルの成功率が50%程度だったが、うまく飛べたのでうれしい」と話した。成功の可能性は半々だが、ユ・ヨンは冒険に出て、幸い成功した。

ユ・ヨンは2016年1月、第70回総合選手権大会女子シングルで最年少優勝(当時満11歳8カ月)とともにすい星のように登場した。ユ・ヨンはその後、高難度ジャンプの訓練に専念した。2016年には片手を頭上に上げて飛ぶタノ技術を取り入れたジャンプを飛んだ。基本ジャンプで手をあげて飛ぶと加算点がつく。だが、当時、ほぼすべてのジャンプでタノを取り入れたため演技の流れが滑らかではないとの批判を受けたことがある。

ユ・ヨンには「あまりにもジャンプにこだわりすぎている」という否定的な評価がついて回った。それでもユ・ヨンは考えを曲げないでトリプルアクセルジャンプの練磨に集中した。昨年10月、カナダ・ケロウナで開かれたGPシリーズ第2戦で韓国女子選手として始めてトリプルアクセルジャンプを完ぺきに飛んだ。ユ・ヨンはこの大会で銅メダルを獲得した。先月行われたローザンヌユースオリンピック2020で、再びトリプルアクセルジャンプを飛び、ユースオリンピックフィギュア女子シングルで韓国選手初の金メダルの主人公になった。ユ・ヨンはここで立ち止まらず、男性選手の専有物と見なされているクアドラプル(4回転)ジャンプにも挑戦する計画だ。

パン・サンア前SBS(ソウル放送)解説委員は「個人的には女子選手がトリプルアクセル、クアドラプルジャンプまで飛ぶのは身体に無理がかかると考える。だがいまでは男女ともに高難度ジャンプを飛んでいる。このようなジャンプを飛ばないとメダルが取れないことを認めるしかない時代になったようだ」と話した。

高難度ジャンプにはリスクが伴う。韓国の男子フィギュアの「看板」車俊煥(チャ・ジュンファン、19)がそうだった。車俊煥は今回のシーズン2回のGPシリーズでメダルを取ることができなかった。昨シーズンまでショート1個、フリー2個だったクアドラプルジャンプをショート2個、フリー3個に増やしながら演技の全般的な完成度が落ちた。

車俊煥は最近、クアドラプルジャンプを再び3個に減らし、代わりに完成度を高めることに集中した。今回の四大陸選手権男子シングルで、総点265.43点(ショート90.37点、フリー175.06点)の5位に入った。車俊煥は「今年のシーズンを控えて点数を高めるためにクアドラプルジャンプを多く取り入れたが、結果が良くなかった。全体的な完成度を高めるために集中することも必要だ」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP