주요 기사 바로가기

<フィギュア>トリプルアクセル残念だったが…韓国代表ユ・ヨン、四大陸メダルに期待

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.07 09:22
0
韓国女子フィギュア国家代表のユ・ヨン(16)が、国際スケート競技連盟(ISU)四大陸選手権大会で、キム・ヨナ(引退)以降11年ぶりのメダル獲得に挑戦する。

ユ・ヨンは6日、ソウル木洞(モクドン)アイスリンクで開かれた四大陸選手権女子シングルショートプログラムで、技術点(TES)40.81点、芸術点(PCS)32.74点の合計73.55点を記録した。紀平梨花(日本、81.18点)、ブラディー・テネル(米国、75.93点)に続いて3位につけた。

ユ・ヨンは8日に開かれるフリースケーティングの結果によってメダルを首にかけることができる。もしユ・ヨンがフリーでクリーンな演技をして最終3位内に入ることができれば、2009年キム・ヨナ(金メダル)以降、11年ぶりに韓国選手としては大会2番目のメダルとなる。

韓国女子選手のうち、トリプルアクセルの完成度が最も高いユ・ヨンはこの日はミスを犯した。回転軸が微妙にずれて両足で着地した。トリプルルッツ-トリプルトーループのコンビネーション・ジャンプをミスなしで演じたが、トリプルフリップはアテンション(エッジ使用注意)を受けた。その他、ステップシークエンスとレイバックスピン、チェンジフットコンビネーションスピンを落ち着いて演じた。

一緒に出場したイム・ウンスは68.40点で6位に、キム・イェリムは68.10点で7位にそれぞれつけた。車俊煥(チャ・ジュンファン)が出場する男子シングルショートプログラムは7日に行われる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP