주요 기사 바로가기

【社説】マスク大乱…MERSの経験に学ばなかった韓国政府

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.02.04 08:57
0
呆れた現実だ。中国で死者が増え、新型コロナウイルス感染症に対する恐れが高まる中、韓国でマスク品薄状態が生じている。大型マート・薬局・コンビニ・ネット通販サイトのあちこちに「品切れ」の表示がついた。需要が急増したうえ、一部の国内流通業者と中国の行商人がマスクを買い占め・買いだめしたことから起こった現象だ。

物量を確保した一部の販売商はこの機に乗じて値段を最大10倍に上げている。庶民がコロナウイルスよりもマスクの値段の方を恐れるほどだ。「金スク(金+マスク)」という新造語も生まれた。中国を支援するとマスク300万枚を送った政府の行動にまで恨み言が噴出している状況だ。市民意識も失踪中だ。1枚ずつ使うようにソウル市が地下鉄駅に用意した無料のマスクを束で取っていく人が続出しているという。地下鉄駅に設置された手の洗浄剤が丸ごと消えてしまい、その後はチェーンで繋ぐという笑えない風景が演出されている。

政府は遅れたもののマスク品薄対応策を打ち出した。一昨日、「暴利を狙って買い占めた場合、2年以下の懲役または5000万ウォン(約456万円)以下の罰金に処する」と発表した。国内のマスク生産量も増やすという。ただ溜息が出るばかりだ。マスク品薄は初めて経験することではない。2009年の新型インフルエンザ、2015年のMERS(中東呼吸器症候群)の際も市販のマスクと手洗浄剤が品切れ状態になった。しかし歴代政府は何も学ばなかった。マスクなどの必要な物品を備蓄するなどの準備をろくにしていなかった。それでもMERSの際には、中国から緊急にマスクを輸入して不足状態を落ち着かせた。今は逆に中国が韓国製のマスクのブラックホールのようになっているため国民は不安と混乱を感じている。

マスクと手洗浄剤などは、生活の中の感染から国民を守る必須の防護策だ。不足すれば、ただでさえ萎縮する日常の活動がますます萎縮し、経済はより大きな打撃を受けざるをえない。感染症が蔓延した時にどのように供給するか、政府が計画を立てておくべきことだった。現行の「防災資源管理法」は「戦時・事変又はこれに準ずる事態」に備えて人材と物資を確保しておくこととしている。過去に新種の伝染病事態も含めるように法を改正しようとして失敗に終わったことがある。この際、法・制度を整備し、感染症に対処する物資と人材を確保する基盤を用意し、マスクのような必須の物資を確保しなければならない。今回もまた「買い占め処罰」だけ出して終わってはならない。壊れた牛舎で牛を失ったのならば、しっかり直すべきではないか。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP