주요 기사 바로가기

日本に新規入国の韓国人、昨年は8年ぶり減少…輸出規制の影響

ⓒ 中央日報日本語版2020.02.03 11:31
0
昨年日本に新規入国した韓国人の数が8年ぶりに減少したことが分かった。

日本の出入国在留管理庁が発表した2019年の外国人入国者数によると、昨年日本に新規入国した韓国人(再入国者除く)は534万人と、前年比27.1%減少した。新規入国者とは、入国者から日本就職・留学中に一時的に日本を離れて戻った再入国者を除いた数字。日本を訪問した韓国人の新規入国者数が減少したのは8年ぶりとなる。

今回の新規入国者減少は、韓国に対する日本の輸出規制で韓国国内で日本観光自制の動きが生じたためと分析される。昨年の日本新規入国者を国・地域別にみると、中国が最も多く、次いで韓国、台湾の順だった。昨年の中国人の日本新規入国者は前年比25%増の742万人(推定)。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP