주요 기사 바로가기

【中央時評】心のウイルス=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.31 14:19
0
中国武漢近隣で発生したことが分かった新型コロナウイルスで韓国各地が落ち着かない。目に見えることも触れることもできないウイルスが、私の周辺の誰かの衣服の一部についていて、それが私の家族と隣人を狙っているという考えこそ怖いものはないだろう。さらに、それが初めて見つかった「新型」ウイルスというもの、その正確な破壊力や伝播力、そして伝播経路さえも分かっていないという事実、すなわちその相当部分がまだ私たちの無知の領域にあるという事実はこのような恐怖をさらに大きくしている。

私たちは思いがけなくふと、すでにお馴染みの心のウイルスに感染している自分自身を発見する。不安、恐怖から始まり、嫌悪、排除、扇動につながる選挙工学も観察される。感染させるのはウイルスの仕業だが、感染して伝播するのは人のやることという意味で、根本的に疫学は社会的で政治的であるという事実を再確認する。新型ウイルスに対する恐れが潜伏していた、もしかしたらそれよりも何倍も恐ろしい心のウイルスを猛スピードでまき散らしているといえる。

おそらく最も深刻なのは人種主義という心のウイルスではないだろうか。たとえば、青瓦台(チョンワデ、大統領府)国民請願掲示板には「中国人入国禁止要請」という請願が1月23日に投稿されてから、60万人に迫る人々が署名に参加した。また別の請願は韓国国民も中国に出港できないようにしてほしいという内容を含んでいる。相手国がどこであろうと外交・通商と国際法を全面的に無視して、ある日突然両国間の出入りを一方的に遮断できる改命した現代国家はない。ちょうど北朝鮮は中国との出入国を全面的に遮断したと伝えられた。

これに足並みをそろえるようにして、韓国メディアも中国と中国人とその食文化、いや文化全般を新型ウイルスと関連づけて報道するのに忙しかった。武漢の伝統市場通りとソウルの大林洞(テリムドン)チャイナタウンの「衛生状態」に対するルポを書いて出す一方、ある中国人がコウモリを食べる映像がネット上に公然と出回ることもあった。しかし、コウモリが新型ウイルスの宿主という内容はまだ仮設の段階であり、該当の動画は3年前、それも太平洋制度のパラオで撮影されたことが分かった。新型コロナウイルスと全く関係がない、中国人に対する人種主義的嫌悪が報道の主題だった。

社会科学研究は、過去の原初的で露骨な人種主義が現代社会では象徴的かつ潜在的人種主義として進化している場面をとらえている。自分とは違うから嫌いなのではなく、嫌悪の理由を探して正当化するということだ。そのため米国の主流層はこのように言うだろう。自分と違うから嫌いなのではなく、彼らは努力しないでいいところだけを取り犯罪を犯して機会を奪っていくから嫌いなだけだと。同じ論理で誰かはこう言うだろう。外国人だから嫌いなのではなく、雇用と生活の基盤が奪われるので外国人労働者を排斥するのだと。中国人だから嫌いなのではなく、彼らがきれいとはいえない生活環境の中に暮らしていて病原菌を移してくるから嫌なのだと。もしかしたらもっと深刻な病原菌とウイルスは我々の心の中の人種主義かもしれない。

こちらで人種主義は規範的に正しくないという話をするつもりはない。もしかしたら人間は誰でも、自身と異なる他人と彼らの馴染みの薄い生活様式を恐れて拒否するようにプログラミングされているのかもしれない。もしかしたら子どもの頃に、教科書で「純粋で高潔な白衣民族」の叙事を読んだ瞬間、すでに心の中に境界線が深く引かれてしまったのかもしれないからだ。しかし、それが人種主義として爆発的に発現することは問題を少しも解決できないどころかむしろ悪化させるだけだ。

人種主義ウイルスのもう一つの変種は排他主義でもある。自分と他人の間に境界を引く基準も、実は思っていたほど明確ではないということを私たちは武漢から帰国する海外同胞を見つめる一部の視角を通して今回いやというほど知ることになった。チャーター機に乗った人々が降り立つ場所を見つけられないこの共同体は誰の共同体なのか。彼らは私たちの中にいるのか外にいるのか。悲しみと苦しみを共感できず、相手に対する嫌悪と恐れだけ残った場所に共同体が入る場所はない。

嫌悪と排除のウイルスが荒れ狂う場所で、それを滋養分とする政党と候補がいるということは選挙工学が証明している。与野党問わず、これを近づく総選挙の選挙運動の一環として考える予備候補の政治的未来は、実際にはいますぐ予測するのは難しいが、選挙が嫌悪と排除によって蚕食された場所から健康的な政策的議論が消えるのは確実だ。そして、嫌悪と排除のウイルスが通り過ぎたところに、共同体は破壊されて塵のような個人しか残っていないだろう。

しかし希望的な場面もあった。梁承晁(ヤン・スンジョ)忠清南道(チュンチョンナムド)知事は水曜日の記者会見を通じて、武漢海外同胞の帰国を積極支援する道内臨時生活施設を設置することに対し、詳しい決定理由と経過を説明して、透明な情報公開を約束して道民の支持を求めるリーダーシップを発揮してくれた。新型コロナウイルスと私たちの心の中のウイルスが消滅する出発点は忠清南道だったと記録されるだろう。

パク・ウォンホ/ソウル大学政治外交学部教授

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP