주요 기사 바로가기

韓国外交部、チャーター機遅延に当惑…「中国、白昼の外国人脱出に負担」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.30 13:11
0
新型コロナウイルスによる肺炎の発源地である武漢に滞在する韓国国民を帰国させるため30日午前10時に仁川(インチョン)国際空港から出発予定だったチャーター機が、中国政府との協議問題により遅延している。この日から2日にわたりチャーター機4便を動員し韓国人約700人を輸送しようとした韓国政府の計画にも支障が生じることになった。

武漢総領事館は30日明け方に「緊急公示」を通じ、「中国側の飛行許可が遅れ、午前の集合計画を取り消す」と発表した。チャーター機を利用した帰国が失敗に終わるのではないかという不安感が広がると、外交部は公示内容を「集合計画が変更されたもの」と訂正した。外交部当局者は「最大限早く帰国できるよう中国政府と協議している。30日夜に出発することで協議している」と説明した。

これに伴い、この日午前出発予定だったチャーター機に乗る予定だった外交部の李泰鎬(イ・テホ)第2次官ら韓国政府の迅速対応チームの現地合流も遅れることになった。

外交部は飛行スケジュールが白紙化された明確な背景に関し説明はしていないが当惑する雰囲気だ。中国当局の突然の飛行許可変更を予想できなかったという反応だ。政府内外では「外国人が白昼に飛行機で大挙脱出する様子が公開されることに中国政府が負担を感じたのではないのか」という推測が出ている。

突然のスケジュール変更は中国政府の立場が「統制」側に強化されたためという話も出ている。中国は韓国と日本など各国の自国民輸送チャーター機の飛行許可を保守的に出している。このため韓国もチャーター機運航回数を当初の4便から一部減らす可能性があるとの観測も出ている。

武漢空港に行くための湖北省内の通行も厳格になったという。武漢市郊外にいた韓国僑民は29日、「武漢市内の集合場所に移動するため発給を受けた車両通行臨時通行証に対し湖北省政府が協力しないでいる」という問題を提起した。

韓国政府が中国と最終調整できていない状態で「2日にわたりチャーター機4便、700人輸送」の計画を急いで発表したのではないかという指摘もある。これに先立ち丁世均(チョン・セギュン)首相は28日、「中国政府にマスク200万枚と防護服・防護ゴーグル10万個を支援する計画」と明らかにした。外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官も28日夜、中国の王毅外相と電話会談し、韓国国民の帰国協力を求めたが、韓国政府の当初計画への影響は避けられなくなった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国外交部、チャーター機遅延に当惑…「中国、白昼の外国人脱出に負担」

    2020.01.30 13:11
    뉴스 메뉴 보기
    韓国政府がチャーター機を投じて中国・武漢に居住する僑民と留学生らを帰国させる予定の中、29日午前仁川空港の大韓航空整備場で整備士が航空機を整備している。チェ・ジョンドン記者
    TOP