주요 기사 바로가기

日本人206人、武漢からチャーター機で東京到着…「4人病院に搬送」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.29 12:05
0
新型コロナウイルスによる肺炎が拡大している中国・武漢から日本人206人を乗せたチャーター機が29日午前8時45分ごろ東京の羽田空港に到着した。

日本政府は事前に医師1人と看護師2人、検疫官1人をチャーター機に同乗させ、機内で帰国者206人に対する簡単な検疫を実施したと日本メディアは伝えた。

この過程で206人のうち数人が体調不良を訴え、彼らは日本に戻るチャーター機内で他の人たちと隔離されたエリアにとどまったとNHKは報道した。

テレビ朝日は、206人のうち4人が発熱とせきなどの症状で着陸後病院に搬送されたと伝えた。

機内検査で発熱と呼吸器症状などが見つかった人たちは東京都内の指定病院に入院することになる。

機内検査で症状などが見つからなかった人たちもひとまず全員が日本政府が準備したバスで移動し国立国際医療研究センターで診察とウイルス検査を受けることになる。

その後症状がない人は政府が準備したバスで自宅に移動し検査結果を待つ。

自宅が東京から遠い人たちは日本政府が手配した宿泊施設で検査結果が出るまで待機した後、陰性と判明すれば帰宅することになる。

毎日新聞は、「陰性の場合も、経過観察期間として2週間は自宅待機を要請する。その期間は体温を毎日測ったり、せきなどの症状がないか健康状態に注意したりするよう依頼」すると伝えた。

日本政府はまだ武漢に残っている400人ほどの日本人を帰国させるため追加でチャーター機を送る予定だ。

一方、28日に武漢への渡航歴のない奈良県の60代の男性バス運転手の感染が確認されたことと関連して、日本政府はこの男性が頻繁に接触した18人を経過観察対象として発熱などの症状がないか集中的に観察している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP