주요 기사 바로가기

韓国疾病管理本部、「武漢肺炎、中国全域に対象を拡大して検疫強化」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.01.25 13:32
0
疾病管理本部によると、2番目の患者は55歳の韓国人男性で、武漢市で昨年4月から勤めてきたという。そうするうちに10日からのど風邪の症状を初めて感じ、筋肉痛や悪寒などの症状が激しくなり19日に現地医療機関を訪問したが、体温は正常だった。それから22日武漢から上海を経て入国した。

入国当時、発熱監視カメラ上で発熱が確認され、健康状態質問書などを通して検疫調査をした結果、咽喉痛などの症状は確認したが呼吸器症状がなく能動監視対象に分類されて帰宅した。

患者は空港でタクシーを利用して自宅に移動し、その後自宅に留まっていたと中間調査で分かったと疾病管理本部は明らかにした。

 
入国翌日である23日から咽喉痛がひどくなり管轄保健所に診療を要請した。保健所選別診療所で診療を受けた後、X線検査上気管支炎の所見が確認されて調査対象の有症状者に分類された後、検査を受けてこの日午前2番目の患者と確認された。

チョン本部長は「患者は発熱が37.8度だったが(新型コロナウイルスの感染を判断する時)重要とされるせきなど呼吸器症状がなく能動監視対象に分類した」として「中国内に患者が拡大する状況を反映して(新型コロナウイルスと疑われる患者の)事例の定義を強化することを専門家の検討を経て準備している。早ければ明日からでも事例を具体的に強化して管理する計画」と話した。

武漢市だけでなく中国全地域を汚染地域に拡大して検疫をさらに強化するとも明らかにした。チョン本部長は「武漢市発直航便がなくなれば他の地域から分散して入ってくるリスクがある」として「汚染地域を中国全域に拡大して検疫を強化する計画」と話した。

チョン本部長は「ただし一日に中国から入る人だけで3万2000人に達するため、1対1の発熱チェックは難しく入国場発熱監視や有症状者の検疫調査などを強化する」として「最も重要なのは武漢だが、中国以外の地域に行ってきて、(疑われる)症状があれば先に症状を説明して協力してほしい」と呼びかけた。最初の確診者である35歳の中国人女性は依然として発熱があり、最近撮影した胸部高解像CT(コンピュータ断層撮影)で肺炎の所見を見せて診断検査をさらに進めていると疾病管理本部は明らかにした。

一方、この日、世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルスの感染力が重症急性呼吸器症候群(SARS)より弱く、中東呼吸器症候群(MERS)より強いと明らかにした。

WHOは24日(現地時間)、新型コロナウイルスの「予備R0推定値」を1.4~2.5と提示した。再生産指数と呼ばれるR0は、伝染病が人から人への感染される程度を数値で現わすものだ。

R0が1より大きければ伝染病が感染者1人から他の人1人以上に伝播されるという意味だ。R0がSARSは4であり、MERSは0.4~0.9と知らされた。これに先立ち、WHOは2日間2回にわたって緊急委員会を開いたが「まだ国際的な保健非常状態ではない」と判断した。

韓国疾病管理本部、「武漢肺炎、中国全域に対象を拡大して検疫強化」(1)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP